カテゴリー「Bリーグ(バスケ」の12件の記事

2017年6月 9日 (金)

Bリーグイレコミ総括」(仮)

スマートフォンから、Webページが見られないようなので、blog側に再掲します。

*コミックマーケット92 サークル当選しました。
8月12日(土曜) コミックマーケット2日目 
東3ホール ウ27a「何野放送NAB」

です。退路は断たれましたwww

2017年の夏のコミックマーケット92に向けて、Bリーグの同人誌を作成しようとしております。

「Bリーグイレコミ総括 2016-2017」(仮題)

2016_2017

30代後半以降の方しかわからない元ネタですが^^;
(昔、ズームイン朝でやっていた「プロ野球イレコミ情報」が元ネタです。)

 各クラブのファン・ブースターの方々に、今シーズンの推しクラブ、Bリーグ(B1、B2、B3)を振り返ってだべっていただきたい!と思っております。

構成案・ページレイアウトはこんな感じを検討中です。
ページ構成
・B1順位表
 B1チームイレコミ情報(評価、欲しい選手、MVP、宣伝、一言)
・B2順位表
 B2チームイレコミ情報(評価、欲しい選手、MVP、宣伝、一言)
・B3順位表
 B3チームイレコミ情報(評価、欲しい選手、MVP、宣伝、一言)
・リーグについて
 リーグMVP、リーグ評価
・昇降格クラブへのエール
・17-18注目のクラブ
・コラム(あれば)
イレコミページはこんな感じを想定中です。

「b20162017.pdf」をダウンロード

上記の内容を作るにあたって、アンケートでお伺いする内容は下記の項目です。

【推しクラブについて】
 ・あなたの推しクラブ名
 ・あなたの推しクラブの今シーズンの評価(5段階で)
 ・あなたの推しクラブのMVPは誰ですか
 ・あなたの推しクラブに欲しい選手は(実現可否は問いません、妄想OK。)
 ・あなたの推しクラブを宣伝してください
 ・あなたの推しクラブに一言

【Bリーグについて】
 ・Bリーグの今シーズンの評価(5段階で)
 ・BリーグのMVPは誰ですか
 ・Bリーグに一言
 ・昇格クラブ、降格クラブへエールを
 ・2017-18シーズンの注目クラブを教えてください

【その他】
 ・同人誌の最後にご協力者をクレジット表記しますので、表記してもよいHNを教えてください。

アンケートの回答は、このページのコメント欄か、メールrasty_elnard@hotmail.co.jpへお寄せください。

アンケート以外にも、「俺にも言わせろ!書かせろ!描かせろ!」という方がおられましたら「説明!」いたしますので、このページへコメントか、メール rasty_elnard@hotmail.co.jp へお問い合わせください。

6月30日までに集まったご意見で同人誌作ります。
コミケに落選しても予定通りの期日で同人誌は発刊予定でございます。
アンケートにご協力いただいた方々には、出来上がった同人誌のデジタルデータ(pdfファイル)もしくは同人誌そのものを進呈いたします。

ご協力よろしくお願いいたします・・・企画倒れさせたくないなぁ^^;

 

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2017年5月 9日 (火)

Bリーグ)レギュラシーズン終了とぶっつけ予想の答え合わせ

ってことで、5月7日でBリーグとB3リーグのレギュラーシーズンが終了しました。
9月24日に始まったシーズン、60試合(B3はチームにより異なる)はあっという間に思えました。

B1、B2
https://www.bleague.jp

B3‎
http://b3league.jp

最終戦の直接対決でチャンピオンシップ進出が決まるという、ドラマティックな展開もありました。

では、レギュラーシーズン最終成績のおさらいを。

=B1=(◎はチャンピオンシップ進出、○はワイルドカードで進出、▽はB1残留プレーオフ進出)
東地区
1 ◎栃木ブレックス(46-14).767
2 ◎アルバルク東京(44-16).733
3 ○千葉ジェッツ(44-16).733
4 レバンガ北海道(23-37).383
5 ▽秋田ノーザンハピネッツ(18-42).300
6 ▽仙台89ERS(14-46).233

中地区
1 ◎川崎ブレイブサンダース(49-11).817
2 ◎三遠ネオフェニックス(33-27).550
3 ○サンロッカーズ渋谷(32-28).533
4 アルビレックス新潟BB(27-33).450
5 ▽富山グラウジーズ(18-42).300
6 ▽横浜ビー・コルセアーズ(16-44).267

西地区
1 ◎シーホース三河(46-14).767
2 ◎琉球ゴールデンキングス(29-31).483
3 大阪エヴェッサ(28-32).467
4 名古屋ダイヤモンドドルフィンズ(27-33).450
5 京都ハンナリーズ(25-35).417
6 滋賀レイクスターズ(21-39).350

=B2=(◎はB2プレイオフ進出、○はワイルドカードで進出、▽はB2ライセンス不認可)
東地区
1 ◎群馬クレインサンダーズ(40-20).667
2 茨城ロボッツ(32-28).533
3 福島ファイヤーボンズ(30-30).500
4 青森ワッツ(29-31).483
5 山形ワイヴァンズ(26-34).433
6 岩手ビッグブルズ(15-45).250

中地区
1 ◎西宮ストークス(43-17).717
2 ファイティングイーグルス名古屋(42-18).700
3 アースフレンズ東京Z(27-33).450
4 バンビシャス奈良(24-36).400
5 ▽東京エクセレンス(22-38).367
6 信州ブレイブウォリアーズ(14-46).233

西地区
1 ◎島根スサノオマジック(51-9).850
2 ○広島ドラゴンフライズ(46-14).767
3 熊本ヴォルターズ(44-16).733
4 愛媛オレンジバイキングス(29-31).483
5 香川ファイブアローズ(19-41).317
6 ▽鹿児島レブナイズ(7-53).117

=B3=(◎はB2への入替推薦)
最終順位(カッコ内は合計勝ち点)
1 ◎ライジングゼファーフクオカ(11.5=3.0+4.5+4.0)
2 ◎金沢武士団(10.5=2.0+5.0+3.5)
3 東京八王子トレインズ(9.5=2.5+4.0+3.0)
4 大塚商会アルファーズ(6.5=1.5+3.5+1.5)
5 東京サンレーヴス(6.5=1.0+3.0+2.5)
6 埼玉ブロンコス(4.5=0.5+2.0+2.0)
7 アイシン・エィ・ダブリュ アレイオンズ安城(2.5)
8 豊田合成スコーピオンズ(1.5)
9 東京海上日動ビッグブルー(1.0)

B2はライセンスの都合上2チームがB3への降格、逆にB3からは2チームの昇格の見込み。
最終的にはリーグ理事会で決まりますが、B2・B3入替戦は実施されないことになりました。

これで、B2・B3入替戦を除く、3つのポストシーズンが始まります。
https://www.bleague.jp/championship_2016_17/
・B1チャンピオンシップ
・B1残留プレイオフ(下位2チーム自動降格)
・B2プレイオフ(上位2チーム自動昇格)
そしてB1残留プレイオフ2位vsB2プレイオフ3位による、B1・B2入替戦
5月末のクライマックスに向かって最後の3週間が始まります。

さて、9月24日に各リーグの上位プレイオフ進出チームをぶっつけ予想していました。
http://rastyelnard.txt-nifty.com/diary/2016/09/post-e537.html

これがどれくらい会っていたのか答え合わせ!
(予想 ○:的中、×:外れ)
B1
東地区上位:○アルバルク東京、○栃木ブレックス
‎中地区上位:○川崎ブレイブサンダース、○三遠ネオフェニックス
‎西地区上位:○シーホース三河、○琉球ゴールデンキングス
ワイルドカード:×滋賀レイクスターズ、×新潟アルビレックス
B2
東地区上位:×岩手ビッグブルズ
中地区上位:×ファイティングイーグルス名古屋
西地区上位:○島根スサノオマジック
ワイルドカード:×茨城ロボッツ
B3
入替戦進出:○ライジングゼファーフクオカ

まあB3の入替戦進出(B2へ推薦)が2チームになるのは予想外でしたが。
B1の上位は6チーム全部当たりましたw ワイルドカードは全外れ。
B2はスサノオマジック以外全外れでした。
B3はライジングゼファーフクオカ順当でしたね。金沢武士団も。

この予想で鬼畜なのは、自分の推しチーム(千葉ジェッツと西宮ストークス)を予想に入れていないことw
もっと、推しチームを信じなさい!w

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年12月26日 (月)

▽▽)コミケ91 新刊のお知らせ

▽▽)コミケ91 新刊のお知らせ
コミケ1日目(木曜日)にサークル参加いたします。

『何野放送NAB』
東5ホール ポー09b‎

今回からスポーツジャンルに移籍しました。

新刊は、『バスケ観ようぜ B.LEAGUE2016-2017シーズン前半戦』です。
この秋始まった男子プロバスケットボール Bリーグの観戦記です。

その他の頒布物は、下記のリンク先をご参照ください。‎

http://rastyelnard.txt-nifty.com/diary/dojin.html‎

コスプレはせず、千葉ジェッツのオーセンユニホーム(14-15シーズン)を着ているかと思います。

二日目は、イントレピッド(東7ホール 小文字k-09b)で店番しております。

よろしくどーぞ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年12月 8日 (木)

Bリーグ)B2リーグ交流戦前に

B2リーグも今週末から交流戦です。B2リーグは全チーム10節20試合終わっています。

さて11節から、年始の天皇杯とオールスター休み(B2のチームはどっちも出ないけど。)を挟んで3月中旬の22節まで、他地区のチームと試合をする交流戦の期間に突入します。
交流戦は2地区×6チーム=12チームと対戦します。1節づつしか試合がないので、ホームかアウェイかどっちか一回だけの2試合になります。

B1でも振り返ったのでB2も振り返ってみます。

では、今日時点での順位表をサクッと振り返りで。

順位表は、順位、チーム名、勝-負(勝率)、得失点差の順で表記します。

東地区
1 群馬クレインサンダーズ 16-4(.800)118
2 福島ファイヤーボンズ 13-7(.650)85
3 茨城ロボッツ 10-10(.500)-22
4 山形ワイヴァンズ 10-10(.500)-31
5 青森ワッツ 8-12(.400)-13
6 岩手ビッグブルズ 3-17(.150)-137

中地区
1 ファイティングイーグルス名古屋 17-3(.850)193
2 西宮ストークス 15-5(.750)113
3 アースフレンズ東京Z 9-11(.450)-55
4 東京エクセレンス 7-13(.350)-113
5 バンビシャス奈良 6-14(.300)-62
6 信州ブレイブウォリアーズ 6-14(.300)-76

西地区
1 熊本ヴォルターズ 17-3(.850)184
2 島根スサノオマジック 15-5(.750)243
3 広島ドラゴンフライズ 15-5(.750)268
4 愛媛オレンジバイキングス 7-13(.350)-214
5 香川ファイブアローズ 4-16(.200)-174
6 鹿児島レブナイズ 2-18(.100)-307

各地区とも上下がはっきりしてきたな。各地区ともトップは勝率.800以上。
これはワイルドカードの争いも.600くらいがボーダーになりそうだけど。
まだ1/3しか終わっていないので何とも。

で、開幕前にぐだぐだなぶっつけプレイオフ進出予想をしていましたが…
東地区:岩手ビッグブルズ
中地区:ファイティングイーグルス名古屋
西地区:島根スサノオマジック
ワイルドカード:茨城ロボッツ

上位チーム予想は今のところFE名古屋だけ当たってるw。まあ島根はまだまだ分からんけど。
ワイルドカードは難しいな。1枠しかないしね。
その1枠を勝率.750の広島、島根、西宮が争う状況。
交流戦が終わったあたりでどうなっているかな。

さあ、リベンジする暇もない一期一会の交流戦。各チームのどこまで勝ち星を積み上げられるでしょうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Bリーグ)オールスターのファン投票結果

1月15日開催のBリーグオールスターのファン投票の結果が先日出ました。
B1リーグ18チームの選手から、PG/SG、SF/PF・C、外国籍の3部門でそれぞれ上位4名づつ選出して合計12名。それを2チームに振り分けるというものでした。

投票の結果は御覧の通り。(敬称略)
https://www.bleague.jp/allstarweekend/allstargame2017/fan-vote/

PG/SG部門
8806 琉球 #14岸本
8547 栃木 #0田臥
7531 秋田 #5田口
7070 千葉 #2富樫
----------
6339 富山 #11宇都
6157 新潟 #7五十嵐
6008 東京 #24田中
5663 名古屋#21笹山
4579 三河 #6比江島
3086 栃木 #13渡邉
2858 横浜 #1川村
2669 秋田 #3安藤
2569 三河 #14金丸
2539 北海道#8多嶋
2429 川崎 #14辻

SF/PF・C部門
9977 琉球 #31喜多川
7397 栃木 #27熊谷
7326 秋田 #9白濱
7111 名古屋#8張本
----------
6745 東京 #15竹内
6247 三河 #5桜木
6168 栃木 #10竹内
6019 千葉 #34小野
4898 北海道#11桜井
4650 新潟 #0遥
3455 琉球 #10波多野
3250 新潟 #32池田
3115 富山 #42嶋田
2644 東京 #10バランスキー
2466 東京 #13菊池

外国籍部門
13713 東京 #2ギャレット
11652 琉球 #5マクヘンリー
07778 栃木 #32ロシター
07475 名古屋#24バーレル
--------------
06315 栃木 #4ギブス
06211 千葉 #16アームストロング
05831 三河 #21エドワーズ
05535 新潟 #13チャップマン
04711 秋田 #11スティーブンス
04395 川崎 #22ファジーカス
04257 秋田 #15パルマー
03903 富山 #34ウィラー
03856 北海道#5ミラー
02835 新潟 #54ガードナー
02597 三河 #バッツ

いやぁ、琉球と秋田のブースターの団結力凄いわ。
12人しか選ばれないところに、琉球3人、秋田2人入選させてるわけだし。

自分は、千葉ブースターの端くれですが、投票の時には、元千葉ジェッツ在籍選手とかにもちょこっと入れてたりしたけど、そんな他にも目をくれずに投票しておられたのかなーと。

ちなみに、現在の順位表と地区の関係はこんな感じ。
https://www.bleague.jp/standings/

東地区:4チーム7人
中地区:0チーム0人
西地区:2チーム5人
うーむ、この偏りっぷり・・・
今更、元bj/元NBLとかいう先祖帰りした所属で分けてみると、
元bj:2チーム5人
元NBL:4チーム7人
選ばれた6チームの人気はどっちのリーグがどうだこうだなんて関係ないんだろうなぁと。

さらにこの後リーグ推薦10人と、最後にファンによるSNS投票であと2人の合計24人が決まるわけだけど。
さすがに全チームから最低1人・・・とか枠を決めるわけにはいかんのだろうけど、いろいろ選ばれてほしいなぁ。

代々木第一で開催される、Bリーグオールスター。チケットを取ってみるかな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年11月28日 (月)

Bリーグ)B1リーグ交流戦前に

今日の試合で、B1リーグは10節まで試合が終わって、17〜19試合ほど終わり、全60試合中の約1/3が終わったことになります。
1地区6チームなので、計算上5チーム×2節づつ当たった…はず。開幕戦が交流戦だった、アルバルク東京と‎琉球ゴールデンキングスはちょっと違いますが。

さて来週11節から、年始の天皇杯(オールジャパン)とオールスターゲームを挟んで3月中旬の24節まで、他地区のチームと試合をする交流戦の期間に突入します。
交流戦は2地区×6チーム=12チームと対戦します。1節づつしか試合がないので、ホームかアウェイかどっちか一回だけの2試合になります。

他地区の上位陣と当たるのは戦々恐々とするかもしれませんねー。中地区の川崎と当たる時は進撃の巨人ならぬ進撃のファジーカス(現時点で得点ランキングぶっちぎりの1位‎28.5点/試合)ですからねぇ。
…元NBLチームのブースターとしては、元企業チームと当たる回数が減ったのでちょっと‎喜んでるのですがw

では、今日時点での順位表をサクッと振り返りで。

順位表は、順位、チーム名、勝-負(勝率)、得失点差の順で表記します。

‎東地区
1 栃木ブレックス 14-3(.824)285
2 アルバルク東京 14-3(.824)183
3 千葉ジェッツ 12-7(.632)93
4 仙台89ers 6-13(.316)-247
5 レバンガ北海道 5-14(.263)-232
6 秋田ノーザンハピネッツ 5-14(.263)-55

中地区
1 川崎ブレイブサンダース 16-3(.842)214
2 三遠ネオフェニックス 12-7(.632)12
3 サンロッカーズ渋谷 11-8(.579)48
4 新潟アルビレックスBB 9-10(.474)13
5 横浜ビー・コルセアーズ 7-12(.368)-68
6 富山グラウジーズ 2-17(.105)-219

西地区
1 シーホース三河 15-4(.789)187
2 名古屋ダイヤモンドドルフィンズ 10-9(.526)16
3 大阪エヴェッサ 10-9(.526)27
4 京都ハンナリーズ 9-10(.474)-52
5 琉球ゴールデンキングス 8-11(.421)-70
6 滋賀レイクスターズ 4-15(.211)-135

で、開幕前にぐだぐだなぶっつけプレイオフ進出予想をしていましたが…
東地区:アルバルク東京、栃木ブレックス
中地区:川崎ブレイブサンダース、三遠ネオフェニックス
西地区:シーホース三河、琉球ゴールデンキングス
ワイルドカード:滋賀レイクスターズ、新潟アルビレックスBB

上位チーム予想は今のところ5/6当たってるw
ワイルドカードは正直当てられないかなぁ…

さあ、リベンジする暇もない一期一会の交流戦。各チームのどこまで勝ち星を積み上げられるでしょうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年11月 2日 (水)

Bリーグ)あの試合その後

‎10月30日に行われた、男子プロバスケットボール「Bリーグ」の千葉ジェッツvsアルバルク東京戦においての11人退場騒動について、
Bリーグ事務局の方から、処分が発表されました。

Bリーグからのプレスリリース
https://www.bleague.jp/news/14913.html
https://www.bleague.jp/news/img/20161101.pdf

千葉 アームストロング選手 2試合出場停止+罰金10万円
千葉 西村、荒尾、原、ストーン、伊藤選手 戒告(口頭にて戒め)
千葉 クラブ 失格退場5人以上 罰金50万円

A東京 ギレンウォーター選手 けん責(始末書提出)
A東京 菊池選手 厳重注意
A東京 二ノ宮、松井、ネイミック、田村、田中選手 戒告(口頭にて戒め)
A東京 クラブ 失格退場5人以上 罰金50万円

まあ、「乱闘」じゃなくて暴力行為どまりの判断で、かつ他に加勢した選手もいなかったので、
アームストロング選手の2試合出場停止と各種罰金で収まりました。

ルール上ベンチを出た選手の退場処分は間違ってはいないけれど、説明が足りなかったかなと。
後は両チームだけじゃなく、全チームに競技規則の徹底をお願いしたいですね。
これは、見る側も勉強になりました。
今回こういう事例を知れてよかったんだと思うことにします。

あと、試合当日は判断されなかった、東京の菊池選手と田中選手にも注意がいってますね。
試合会場のビデオ判定で見逃してしまったということで、当該レフェリー・アンパイアの3名も次節の派遣停止になっています。
レフェリー 加藤、アンパイア 久米、守谷  次節担当外れ実地研修

http://www.japanbasketball.jp/news/29275

それぞれのチームからもコメントが出ています。
【千葉】https://chibajets.jp/news/14891.html
【A東京】https://www.alvark-tokyo.jp/news/14897.html

つーか、アルバルクさんは2000年にも同じことやって2人退場処分食らってるんだから、教えておいてほしかったです。
(三菱電機ドルフィンズvsトヨタ自動車アルバルクとの試合で、同じく喧嘩発生。ベンチを出た三菱電気8人、トヨタ2人の退場者を出してる)
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%94%BE%E6%A3%84%E8%A9%A6%E5%90%88#.E3.83.90.E3.82.B9.E3.82.B1.E3.83.83.E3.83.88.E3.83.9C.E3.83.BC.E3.83.AB.E3.81.AB.E3.81.8A.E3.81.91.E3.82.8B.E6.B2.A1.E5.8F.8E.E8.A9.A6.E5.90.88

これで両チームも他チームも、暴行騒ぎになったらこういうことになるんだという事例を見たことになるので、
ゴリゴリのマッチアップはいいけど、リアルファイトにならないようにプレイをお願いしたいです。

以上、この騒動ここまで!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年11月 1日 (火)

Bリーグ)あの試合

‎ども、3305分の1ですw

ごく一部でちょいと話題になった、10月30日の男子プロバスケットボール「Bリーグ」の千葉ジェッツvsアルバルク東京の試合を見に行っておりました。

例の問題のシーンですが・・・見てませんw

つか、ターンオーバーでボールを奪われた直後でしたから、アルバルク東京のゴールに叩きこまれるボールを見つめておりましたさ。
そしたら、ざわつく会場、叫ぶホイッスル。

しかも自分の観戦ポジションは、千葉ジェッツベンチ側(前半はアルバルク東京のゴール)のゴール裏。一番見えないところですw

現場にいた雰囲気では、とにかく笛が鳴った後からの説明がなさすぎる・・・

ってことで、スポナビライブの見逃し動画で確認してみました。選手の継承は略で。‎

15:13:18 千葉アームストロングと東京菊池がアルバルク東京ベンチ前でもつれて倒れる。その間にボールがこぼれてターンオーバー。東京の速攻に。‎
この間カメラは当然ボールを追っているので、倒れた二人の映像なし
15:13:26 東京ギレンウオーター選手のゴール。千葉選手交代の申請でブザー、そしてけたたましいホイッスル。
     カメラ上では千葉の選手が割とゆっくりと東京ベンチ側へ向かって歩いている。
     アームストロングとギレンウォーターがもみ合って、腕が上がるっつーか払いのけらるつーか。そしてさらにホイッスル。
     ここで両ベンチに戻るよう指示。
15:14:18 MCからビデオ検証を行う旨のアナウンス。‎
15:21:05 MCからリプレイ検証の結果をHCに伝えております。この後レフェリーから説明があると思われますのでお待ちくださいとのアナウンス。‎
このころから「はーよーやーれー」ヤジが・・・
15:22:45 レフェリーから説明開始。「プレイ中にファイティングのシチュエーションになった場合、交代要員の選手がコートに入った場合ディスクォリファイングの対象となります。控室のあるこのアリーナから出ることになります。」
・・・いや、それだけ言われてもわからんのですよ。
「インスタントリプレイシステムで、ベンチからコートに入った選手を確認しました。千葉はストーン、伊藤、荒尾、原、西村選手になります。」
・・・ざわつく会場
「続いて、東京はネイミック、松井、二宮、田村選手が退場となります。」
・・・ここまで説明してやっと「退場」のキーワードが。場内騒然。
「罰則につきましては、両ベンチにテクニカルファウル、両ベンチにテクニカルのためフリースローは相殺され、スローインからの再開になります。」
「併せてお伝えします。ファイティングの行為を働きました、千葉のアームストロング選手はディスクォリファイングファウルの処分となります。処置としましたは東京に2本のフリースローとスローインが与えられます。」
・・・場内ブーイング
15:28:04 「加えてお伝えします、失格退場となる選手がもう一名。東京のギレンウォーター。アームストロングとのファイティングのため失格退場となります。従いまして、改めて再開の方法について説明します。テクニカルファウル、ディスクォリファイングファウルのフリースローを相殺して、千葉側ベースラインから千葉のスローインで再開となります。」
15:29:30 千葉大野HC、ペットボトルを自分のベンチに投げつける。
・・・HC、それはあかんて。
15:31:25 千葉側スローインでゲーム再開。
千葉は退場6名でベンチ入り12名→6名に、東京は退場5名で12名→7名でのプレイ再開。
もはや交代もままならない状態。これでパーソナルファウル5つでファウルアウト(退場)になったりしたら目も当てられない。
結局試合はファウルアウトを出すことなく、千葉ジェッツ70-82アルバルク東京でアルバルク東京の勝利となりました。
いやー、一時は5点差まで迫ったんだけどねー・・・って感想さえもかき消されるようなそんな前半戦になってしまいました。

この間18分、自分も何が起こっているのかさっぱりわかりませんでした。

で、帰って調べようと思うと「バスケットボール競技規則」ってWebサイト上では見れないのね。買えとw
そんな時はwikipediaで。
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%95%E3%82%A1%E3%82%A6%E3%83%AB_(%E3%83%90%E3%82%B9%E3%82%B1%E3%83%83%E3%83%88%E3%83%9C%E3%83%BC%E3%83%AB)

サクッと「ディスクオリファイング・ファウル」は、特に悪質なファウルのことで、宣告されたら失格・退場。
で、「ファイティング」となると、コートやコート周辺で暴力行為が起きた・起こりそうなときに適用される。ベンチエリアから出た選手やチーム関係者は失格・退場となる。ただしHC,ACが争いを止める為にベンチを出た場合は失格退場処分の対象外となる。同時にHCにテクニカルファウルが記録される。

つまり、
千葉のアームストロング→悪質なファウルと判断されて退場
千葉の5選手、東京の4選手→ベンチを出てしまったので、ディスクォリファイングファウルとなり退場
東京のギレンウォーター→アームストロングとファイティングしてしまったため退場

・・・「コートに入る」以前に「暴力行為が発生した場合、ベンチエリアを離れただけでも失格退場」っすか・・・
もちろん交代以外で試合中にコートに入るのはNGだし、プレイ中にベンチエリアで席を立ってていいのはHCだけというルールですしねぇ。

普段の‎ゲームだと選手がもつれて倒れても、ボールがライブならだいたい止めないですね。『こいつ立って走るやろ』って感じで。そのままレフェリーもボール追って走っちゃって後ろの状況確認が遅れたと。
そして、東京ベンチからの声なのか、点が入って向きが変わって振り向いた時に気がついたのか。‎
‎そこで、初めて笛が鳴ってボールがデッドに。‎

エキサイトしてしまった、アームストロングもダメだけど、双方の選手もベンチ離れるなよ・・・‎
スタッフも止めなさいよ…そりゃレアなルールだけどさ。企業リーグ時代にも乱闘での大量失格退場あったようじゃん。

そして、今の状態を「ファイティングという状態」であることを説明せず、いきなり「ファイティングの時にコートに入ったらディスクオリファイングの対象です」って説明しちゃったレフェリーもねぇ。

もうちょっと説明欲しかったなー。できればMCもわかるなら補足してほしかったと思ったね。後付けだけど。

で、罰則関係はこちら
https://www.bleague.jp/about/pdf/r-27.pdf

規約全体はこちら
https://www.bleague.jp/about/pdf/r-00.pdf

第60条の処分とは、
Bリーグ規約第60条第1項第1号:失格・退場処分を受けた者
Bリーグ規約第60条第1項第2号:テクニカルファウル、アンスポーツマンライクファウルを受けた者
Bリーグ規約第60条第1項第3号:前2項に相当する不正な行為を働いた者

現状の判定をそのまま反映させたとするとこんな感じかな。

失格・退場処分を受けた者:
千葉退場5選手、東京退場4選手:1回目の場合は、最低1試合の出場停止+罰金

テクニカルファウルを受けた者:
千葉HC、東京HC:2回目は最大1試合の出場停止、3回目以降は最大2試合の出場停止+罰金

前2項に相当する不正な行為を働いた者:
千葉アームストロング、東京ギレンウォーター:これは、どの項目に該当するかで処分が大きく違います。
(選手等が選手等に対して暴行・脅迫を行った場合)
千葉アームストロング、東京ギレンウォーター:1回目の場合は、最低1試合の出場停止+罰金
ちなみに、相手に唾を吐いたりした場合は、一回目で最低6試合の出場停止になります。2回目以降は最低12か月の出場停止。
(選手等が乱闘または喧嘩に関与した場合。ただし、乱闘または喧嘩を防ぎ、これに関与している他の者を隔てまたは分離することのみをしようとした者は懲罰を受けない。)
1回目は最低6試合の出場停止。2回目以降は最低12か月の出場停止。

ただ、HCの言動がもしかすると、審判への侮辱に当たると判断されたら・・・
選手等が審判に対して侮辱または公然の批判行為を行った場合:1回目の場合:最低2試合の出場停止
こんなのもあるんですな。

罰金は、出場停止1試合につき5万円以下。

さらに、チームスタッフや管理監督責任者の場合は、最大で懲罰2倍まで加重されるという・・・。

さらにクラブに対しては、1試合で5名以上の選手などが、失格・退場となった場合はB1リーグの場合罰金50万円。

つか、こんなことに詳しくなるために調べたんじゃないのに・・・

これ厳格に適用されると、東京も千葉も、最低でも次の1試合が成立しませんな・・・
失格・退場になった選手が、そのまま次の試合に出られないってことは、ベンチ入り10人未満となるため試合不成立の可能性も考えられます。

規律委員会でどんな判断が下されるのかを、見守るしかないのですが。‎

スポナビライブの解説の方が言ってましたが、これをリーグもチームも観客も考えなきゃいけないって言ってましたね。

貴重な経験をしたっちゃぁしたんですが、まだ尾を引きそうです。
双方ともヘッドコーチが納得してないようですし、千葉は球団代表コメントでも不満のようですし…ってリーグの理事がそんな話していいんだろうか。

Yahooニュースとかの『話題づくり乙』とか、こんな痛い思いしかしないブック書くバカいねーよwww

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年9月24日 (土)

Bリーグ開幕直前ぶっつけ予想(リテイク)

先日書いた日記で、Bリーグのプレイオフ予想やりましたが、
B2のレギュレーションを完全に間違えてました^^;
B2の昇格プレイオフ進出は4チーム(各地区1位+ワイルドカード1チーム)でした。
それを踏まえて、改めて予想です。(予想そのものは変えていません)

---
今日の夜に、男子プロバスケットボールリーグ『Bリーグ』開幕っ!

Bリーグは、B1:3地区18チーム、B2:3地区18チーム、B3:9チームと3つのリーグに別れて頂点を目指します。‎

B1、B2
https://www.bleague.jp

B3‎
http://b3league.jp

B1は、各地区上位2位までと、ワイルドカード(勝率上位2チーム)がプレイオフに進出する。‎
B2は、各地区上位1位と、ワイルドカード(勝率上位1チーム)がプレイオフに進出する。‎
B3は、入替戦に上位1チームが望む。‎

それぞれを勝手に予想ー

B1
東地区上位:アルバルク東京、栃木ブレックス
‎中地区上位:川崎ブレイブサンダース、三通ネオフェニックス
‎西地区上位:シーホース三河、琉球ゴールデンキングス
ワイルドカード:滋賀レイクスターズ、新潟アルビレックス

B2
東地区上位:岩手ビッグブルズ
中地区上位:ファイティングイーグルス名古屋
西地区上位:島根スサノオマジック
ワイルドカード:茨城ロボッツ

B3
入替戦進出:ライジングゼファーフクオカ

まー、ものすごく適当ではありますがw
Webに残すことで、オールジャパン中に中間検証とか、レギュラーシーズン終了時に反省会をするネタにもなるかと思いますのでw

では、全チーム初代チャンピオンを目指して、TIP OFF!!

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2016年9月22日 (木)

B)Bリーグ開幕直前ぶっつけ予想

今日の夜に、男子プロバスケットボールリーグ『Bリーグ』開幕っ!

Bリーグは、B1:3地区18チーム、B2:3地区18チーム、B3:9チームと3つのリーグに別れて頂点を目指します。‎

B1、B2
https://www.bleague.jp

B3‎
http://b3league.jp

B1とB2は、各地区上位2位までと、ワイルドカード(勝率上位2チーム)がプレイオフに進出する。‎
B3は、入替戦に上位1チームが望む。‎

それぞれを勝手に予想ー

B1
東地区上位:アルバルク東京、栃木ブレックス
‎中地区上位:川崎ブレイブサンダース、三通ネオフェニックス
‎西地区上位:シーホース三河、琉球ゴールデンキングス
ワイルドカード:滋賀レイクスターズ、新潟アルビレックス

B2
東地区上位:岩手ビッグブルズ、群馬クレインサンダーズ‎
中地区上位:ファイティングイーグルス名古屋、アースフレンズ東京Z
西地区上位:島根スサノオマジック、広島ドラゴンフライズ
ワイルドカード:茨城ロボッツ、信州ブレイブォリアーズ‎

B3
入替戦進出:ライジングゼファーフクオカ

まー、ものすごく適当ではありますがw
Webに残すことで、オールジャパン中に中間検証とか、レギュラーシーズン終了時に反省会をするネタにもなるかと思いますのでw

では、全チーム初代チャンピオンを目指して、TIP OFF!!

| | コメント (0) | トラックバック (1)