« 2015年7月26日 - 2015年8月1日 | トップページ | 2015年8月9日 - 2015年8月15日 »

2015年8月2日 - 2015年8月8日の2件の記事

2015年8月 7日 (金)

バスケ/NBL )千葉ジェッツブースターにねんせい

バスケ/NBL<br />
 )千葉ジェッツブースターにねんせい
バスケ/NBL<br />
 )千葉ジェッツブースターにねんせい
バスケ/NBL<br />
 )千葉ジェッツブースターにねんせい
(一ヶ月以上かけて小分けに書いたので文章に繋がりがないかも…)

♪いーつのーことだかー 思い出してごーらんー
あんなこーとー こんなこーとー あったーでしょー

【シーズンオフでも千葉ジェッツをチェック】
昨年の【いちねんせい】は、『チームから日本人全員残留のオファーを出した』で終わりました。
当然その後の情報も追いかけていくようになっていましたw
つか、チームのTwitterやfacebookには事細かに情報が発表されていきました。
2013-14シーズンからの選手移籍の動向については下記の通り。
#23アラン、#33クリス、#15佐藤が千葉ジェッツを離れ、#15佐藤はつくばロボッツへと移籍しました。
外国人選手は1年単位で移籍するのが当たり前なんだと思った次第。
その他のメンバー、コーチ陣は残留。
昨年とほぼ同じメンバーのままで来期を迎えるのは、一からチームを作る必要がないので効率はいいのかな。
2014-2015シーズンからは、ちょっとルールが変わって、ベンチ入りは12人まで。うち外国籍の選手(帰化選手含む)は3人まで可。
(今まではベンチ15人までOKで、ゲーム出場は12人までってルールだったのですが、間違って13人目をゲームに出場させてしまったチームがあったのでルール化された模様)
ってことで、どこのチームも外国籍選手は3人確保していました。
出る選手がいれば、入る選手もあり。
#5リカート(和歌山トライアンズから)
#11西村(日立サンロッカーズ東京から)
#23ホーン、#24バレル(アメリカから)
#23ホーン、#24バレルは高校の時チームメイトで、#24バレルと#HCゲーリーは、前任のbj横浜ブロンコスでも一緒とか。
HCお気に入りの選手って連れてきたりするんだなーと。

他には、千葉ジェッツが保有する、3x3のチーム、千葉ジェッツ.EXEの試合を見に、横浜赤煉瓦広場に行ったりとか、台湾で行われたカップ戦の様子がtwitterに上がる度にそわそわしながら見ていたような気がします。
台湾では、チーム名も漢字で表現するので…千葉ジェッツが【千葉噴射機】と表現されているのを見ると笑わざるを得ないw

シーズン開幕前のティップオフパーティや、シーズン開幕直前のプレシーズンマッチ(vs仙台86er)が無料観戦だったなぁ。

【去年と違う!(そりゃそうだ)】
昨年より2週間ほど遅めの開幕。
開幕カードは、アウェイの代々木第2で昨シーズン東地区で最下位をじゃれあった日立サンロッカーズ東京…
初日は仕事だったので、日曜日のチケットを取って今シーズン初観戦。
結果は、2連敗。去年の開幕の要には都合よく勝たせてはくれませんなぁ…
なんて思ってました。

そして、ホーム開幕戦。
今シーズンは、いつもの一階席ベンチ裏から、コアなブースターさんが集まるゴール下のスタンディングエリアに立つことにしました。
ホーム開幕戦の相手は、今シーズンから東地区になったつくばロボッツ。
ところが試合当日。つくばロボッツの運営会社が破綻を発表。急遽新しい運営会社を立ち上げてたとのこと。試合開始に先立ち、当時リーグ副理事長の山谷さんが挨拶に立っていのを覚えている。

今シーズン、ジェッツが変わったなーと印象づけられたのが、11月1日佐倉でのトヨタ自動車アルバルク東京戦。昨シーズンは、企業チーム相手に日立以外から完全スイープを食らうという辛酸をなめておりましたが、この日は3点差で勝利!試合終了後、結構騒いでいたのを思い出しました。
ただ、翌日のゲームでは8倍返し…25点の大差をつけられましたorz

11月下旬の、宇都宮でのリンク栃木のアウェイもいってきましたが、こちらは12-13点差で2連敗。リバウンドがなかなかとれず、逆に速攻を決められる展開に。
その後、ホームで東芝ブレイブサンダース神奈川に、1点差の接戦をものにして1勝1敗とはしたものの、続く八千代ホームでの日立サンロッカーズ東京では8点差、10点差で2連敗。通算4連敗。
去年完敗したチームからは勝ち、去年星を分けあったチームからは全敗を食らっています…
t
その間、つくばロボッツは新しい運営会社と選手とのでの新しい契約でもめ、選手11人が自由契約になり、残るは4人。最低10人いないとチームとしての体をなさないレギュレーション。
しかもこれが、また千葉ジェッツ戦(日立市でのアウェイ)の直前で起こるんだなこれが。
なんとか、よそのチームからレンタル移籍等で借りてきてようやく10人となったため、試合は成立。
この試合は、イオンモール幕張新都心でのパブリックビューイングでしたが、コアブースターの一部は現地までいって、ジェッツにもロボッツにも声援を送っていました。
一旦チームが解散した状態に近いこともあって、チアチームがおらずハーフタイムやタイムアウトの絵が寂しいことになっていました。

【年末怒濤のアウェイ】
12/20〜23の4日間の間に、3試合という結構な強硬日程。休みは間の22日だけ。
試合は全部アウェイだったものの、錦糸町というほとんどほとんど千葉の領域みたいな場所でしたので三試合とも観戦。
20-21日は、トヨタ東京戦。初日は落としたものの、二日目は同点からのオーバータイム(延長突入)、1点差で試合をものにしました。
そして一日開けて、23日は日立東京戦。早くも今シーズン最後の対戦となりました。
この試合も、2点リードで迎えた終了ブザーと同時にシューテュングファウルとなり、フリースローが決まれば延長だったのですが、フリースローが2本とも外れて勝負あり。
今年は鬼強の日立東京からなんとか1勝をもぎ取りました。
アウェイのはずなのに、なぜか2階スタンド通路や1階コートエンドの通路に出来上がるスタンディングエリアw もちろんそこにたってましたがw
#27こーすけの一試合3PFGが7/10本(成功率70パーセント)で、試合のポイントリーダーになったのも痺れたねぇ〜(#27こーすけの3PFG成功率はシーズン通してリーグ5位以内)

【はぢめての代々木第一】
正月の天皇杯。千葉ジェッツは、元日の一回戦から登場。準決勝まで勝ち上がるためには四日連戦必須。その三試合目で今シーズンまだ対戦のないアイシンシーホース三河と対戦。
その一発勝負でアイシンに勝つという大金星。これはシーズン後半に期待が持てる。
そして1月4日の準々決勝を観戦。会場は代々木第一。バスケットボールをやるには広すぎるw つか、一階席をもっと増やさないと。
座れない席が多すぎる(特にメディア席)
チケット一枚で4試合全部見れるのですが、今回は千葉ジェッツ戦と次のリンク栃木ブレックス戦を観戦。
千葉はトヨタ東京が相手でしたが、最後の3Pシュートが外れて敗戦。リンク栃木もここで敗戦となりました。
結局天皇杯は、実は初優勝だった日立東京が勝ち取りました。決勝対戦相手の広島ドラゴンフライズもチーム創立初年度でここまで上がってくるのすごいよ。

【和歌山、お前もか】
年が明け、つくばロボッツから退団していた#41加納が加入。そして出番が少なかった#1一色がレンタル移籍でつくばロボッツへ。
千葉とつくばの対戦は、シーズン最終戦までないけど、最終戦は千葉対#1一色になるのか… すごく都合がいいけど…計算され尽くしてる?

そして、天皇杯明けで和歌山トライアンズの破産報道。千葉も年明けからアウェイで試合があったのですが、選手会の動きと地元の募金でようやく今シーズンの活動ギリギリの目処が。
しかし、千葉を退団した#15佐藤は、行く先々で不幸だなぁ。つくば移籍→つくば破綻→和歌山移籍→和歌山も破綻だもんなぁ。
千葉のホーム戦でも、募金活動やってましたな。
昨年の鬼強だった和歌山の面影はなく、2試合とも100点試合でしたけど。あのラグビーのジャージを思わせる黒とオレンジのユニフォームは好きなデザインだけどなぁ。

【潜入!球団事務所】
後半戦が始まる直前の日曜日、突然のブースターミーティング開催のお知らせが。
今回は事前の参加表明不要で、球団事務所に直接集合とのこと。
チーム辞退はアウェイで対三菱電機戦へ。ミーティング終わったら事務所でそのまま観戦するとの事。
ミーティングには6人ほどのスタンディングエリアにおられるコアなブースターさんが。俺がここにいるの場違いじゃないのかwとか思いながら。
今シーズンの演出の振り返りと、後半戦での施策に説明、そしてブースターとの意見交換。なぜか、スタッフじゃないカメラが回ってるようだけど…?

このミーティングの内容は、即翌週のホーム戦から導入された。
応援練習時の1階、2階別に声出しをするとか、ハーフタイム終了直前に、マスク・ド・オッチーによるウェーブタイムとか。
得点する毎ではないけど、タイムアウトの時とかに、活躍した選手がアピールをするとか。
後半から新たにスポンサーに加わった住宅販売の会社が、積極的に子供たちを試合に招待する企画を実施。子供が来れば親も来る。そうして後半から、着実に観客数を増やして3000人を越える日もあった。
それらは、すべて来るべき2016-2017シーズンのリーグ統合へ向けての動きだった。

前述の模様は、有料BSチャンネルのJ-SPORTSのドキュメンタリーTHE REALとして放送された。そこに自分がチラ写りしてるのも確認できたw

昨年と違い、対企業チームには最低でも1勝、特に三菱電機ダイヤモンドドルフィンズ名古屋相手には4戦全勝として、勝率6割台をキープしながらも、東地区では7チーム中5位。東地区上位の壁は想像以上に分厚かった。
上位を走っているのは、日立東京。勝率が8割を割らない。そこに、リンク栃木、東芝神奈川、トヨタ東京と続く。

自分が試合を見に行けるのは、土日連戦のうち片方が多くて、今シーズンは行けなかった試合でふがいない試合をしているときもあったと聞きました。すでに東チーム内での直接対決はほぼ終了しており、西地区相手に勝っても勝っても追い付かない、そんな状態が続きました。

そして、レギュラーシーズン最終戦。前日のレバンガ北海道戦を落とした。
最後の試合は、つくばロボッツ戦。正月にレンタル移籍した、つくば#16ショータや、以前千葉に在籍した#19チョモもいるので量チームの選手、元在籍選手への声援は熱い。
残念ながら#16ショータは怪我の具合もあってか、最終ピリオドに登場したのみでした。
最終戦では、新リーグでのホームタウンを船橋市にするための調印式を実施。今まで使用してこなかったゴール裏の可動座席も使い、4700人越えという、二階席で立ち見が出るほどの観客を集めた。席配置の都合上スタンディングエリアが設定されないレイアウトでしたが、千葉ベンチ側のゴール下に自然にスタンディングエリアが出来上がっていました。
この一部始終をバスケットボールタスクフォースの川淵チェアマンが観戦されていました。
この盛り上がりを来年、そして再来年以降も続けていけるといいな。

最終戦、千葉は勝利し、つくば#16もとい千葉#1ショータがチームへ復帰。そしてはじめてのプレーオフ観戦へ。

【プレーオフの壁は分厚く】
プレーオフ進出は、東西上位3位まで+勝率上位2チームの計8チーム。
千葉は勝率.630でワイルドカード下位、事実上一番下からのプレイオフを迎える事になった。
ワイルドカード下位のチームは、東西1位チームのうち勝率が高い方、つまり一番強いチームと戦って2勝しないといけない。
対戦相手は、日立サンロッカーズ東京。試合会場は京急梅屋敷の大田区総合体育館になるため、観戦可能。
ってことで、金、土、月という変則開催(日曜日は区民体育大会で押さえられてしまったため。)にも関わらず、金曜日は年休とって応援にw

金曜日は夕方試合開始。平日と言うこともあってか観客は1000人もいたかいないか。
金曜日の声援は千葉ブースター負けてなかったと思うよ。
ただ、試合の方は2連敗。GAME1は4点差で非常に惜しかったのですがGAME2は26点差と結構な大差で。
千葉ジェッツの2014-15シーズンは終わりました。

終わったその足で、そのまま品川から転勤先の新居探しに西へGO!w
転勤引っ越しの時期が6月になったので、ファイナルまで見ることができましたよー(このために転勤時期を6月にしたわけではありませんw)

ファイナルの第2戦、アイシンvsトヨタ東京を代々木第二で観戦。やっぱシーズンの3PFG王の決まり具合はヤバイわ〜すぽすぽ決まるんですもの。
結局今シーズンはアイシンシーホース三河の優勝で幕。

シーズンオフに入ると、選手の移籍がスタート。
昨年は早々と日本人選手全員に残留オファー出したと発表した千葉ジェッツフロントでしたが、今年は『厳しい決断になった』との表現。
そして、その決断の結果。
HCレジー・ゲーリー退任→NBL三菱電機名古屋HCへ
AC勝久マイケル→bj岩手HCへ
#0佐藤→現役引退、千葉のアンバサダー就任(千葉ジェッツ#0は永久欠番に)
#1一色→NBLサイバーダインつくばへ
#9田中→bj富山へ
#41加納→NBDL山形へ
#23ホーン→現時点(8/7時点)で自由契約
#24バレル→NBL三菱電機名古屋へ
と、千葉ジェッツ創設時からのメンバー(佐藤、一色、田中)が全員チームを去る形に。
今年は14人ロスターが居た千葉でくすぶるよりも、ゲームに出られるチームの方がいいものね。ただし、3x3の千葉ジェッツ.EXEには残ります。3x3はまた別な編成ですし。

そして、新しくやってきたのは、
HCジェリコ・パブリセヴィッチ(元NBL和歌山HC)
通訳スリマノビッチ賢(元NBL和歌山通訳)
#1阿部友和(NBL北海道から)
#12岡田優介(NBL広島から)
#13クリント・チャップマン(NBL広島から)
#43ブライアン・クック(NBA9シーズン経験)

HCに2013-14シーズンで強さを発揮した、日本代表HCの経験もあるジェリコHCや、2014-15シーズンに新設された、広島から岡田プロバスケ選手会長兼会計士が来ましたよ。
まさかチームの会計もやる気じゃ(そんな馬鹿な
つか、一応黒字経営と呼ばれている千葉ジェッツですが、まあまた豪華に人集めたねw

2014-15シーズンは、怪我はあったもののチームを途中で離れる人もなく、順調に進んだのかなと。
ただ、上を目指すにはもっと強くならないといかんのでしょうけど。

そして自分も千葉県船橋市を離れることに。出発当日、ブースターさんが経営する居酒屋ききょうで最後の昼食。お世話になりました。

そして、7月30日。新リーグJPBLの階層分けの一次発表で、千葉ジェッツはトップリーグとなる1部への参入が決定。

9月から始まるプレシーズンマッチ、そして10月の2015-16シーズン開幕に向けて、もっと船橋アリーナでの観戦者が増えて、そしてもっと上位に進出できるチームになるように、遠い兵庫県の空の下から応援していきます。

で、新しいメンバーを含めたの選手コールはできましたか?w > スタンディングエリア長

【2014-15シーズンの観戦記録サマリー】
ホーム戦 10試合
アウェイ戦 10試合(プレイオフ含む)
(墨田4、ブレアリ宇都宮2、大田2、代々木第二1、とどろき1)
上記以外 三菱電機名古屋vs和歌山(小牧)
天皇杯 2試合
ホーム戦10試合って思ったほど行ってなかったなぁ…

BlackBerry from  NTTdocomo

| | コメント (0) | トラックバック (0)

The weekender

The weekender
おうっ!やるぞやるぞ!
グダグダWebラジオ
『青砥千樹のにーさんすーごー』第327回。

今回は、金曜23:45から生放送です。
http://moi.st/91b468e

今日は『コミケ直前 進捗どうでしょう』です。

はい、来週のこの時間はすでに一日目が終わってバテている頃かと思います。
熱中症対策も衣装も突発コピー誌もまとめて、『進捗どうでしょう?』

そんな真夏のお話を。
\花火見に行ってる場合じゃねーぞ!/

そんな訳で、今夜は『コミケ直前 進捗どうでしょう』のお噂です。

【おしらせ:同人誌関係】
コミックマーケット88において、合同サークル『プロジェクトH&A』では、10冊目の新刊『○○の向こう側』を頒布いたします。
今回はコミケットで長くコスプレをされておられるお二方の視点で、コミケットでのコスプレを語っていただきました。また晴海見本市会場跡地の今から当時の痕跡を探してみました。
頒布場所は、1日目(金曜日)プ18a『プロジェクトH&A』他です。

9/6(日曜日)こみっくトレジャー26(atインテックス大阪)で、キ01b『何野放送NAB』が参加します。大阪で売れる見込みのない、北総アスタリスクと、新刊のバスケブースターいちねんせい&にねんせい合併号が間に合えばいいな。

【おしらせ:コスプレピクニック関連】
コスプレイベント『コスプレピクニック』
http://cospic.org
08/13【福岡】北九州メディアドーム×弱虫ペダル 自転車安全講習会+コスプレイベント(北九州市 北九州メディアドーム(小倉競輪場))
09/22【福岡】コスプレピクニックin門司港レトロ21(北九州市 門司港レトロ地区一帯)

コスプレピクニックのスタッフも募集中ですよ〜
特に女性スタッフは切実に募集中ですorz
詳しくは、イベントHPでご確認ください。
イベント現地に近い方もよろしくお願いいたします。
BlackBerry from NTTdocomo

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2015年7月26日 - 2015年8月1日 | トップページ | 2015年8月9日 - 2015年8月15日 »