« W-E-E-K-E-N-D sunday | トップページ | The yearender »

2014年1月22日 (水)

にわかが見たバスケ( 前半)

船橋に引っ越してみたら、すぐ近所にバスケットボールのプロチームがあると聞いて、昨年9月からNBLを観戦するようになりました。
http://www.nbl.or.jp/

バスケットボールなんて、学校卒業して以降はテレビでNBAの中継みる程度でしたからねぇ。

実際行ってみると、ほとんどの席が自由席なので1階で見ればコート近くで見れるし、試合終了後は選手とハイタッチもできる。
後はチアリーダーを間近で見れたり、バスケ部と思わしきJCやJKが…うわなにをするやめ(ry
ホームゲームでの演出のエンタテイメント性も高いね。通常のタイムアウトでもちょっとした隙間があれば、コートに入って応援するチアリーダーはアクティブだね。

そんなこんなで、今シーズンはホームゲームを各節1試合(計6試合)とアウェイを1試合の合計7試合見てます。一番安い2階自由席でも当日2500円するのですが。ゴール下やベンチ横は指定席で結構お値段が高い。
まだまだ選手の動き覚えたりとか、実は知らないルールがあるとか、まだまだにわかです。

NBLは、企業5チーム、プロ7チームで構成されていて、東西6チームづつに別れて争います。企業チームの中には創部50年なチームがある一方で、ことしバスケットボールに初参入というチームもあります。

シーズンも半分終わって、東西とも企業チームが独走状態。まあ年始にやった天皇杯(オールジャパン)でも、準決勝まで残ったのは企業ばっかりですし。
決勝戦はテレビ中継(BSとEテレ)あったけど、『天皇杯』って言葉は殆ど使ってなかったなぁ。

気になるのは順位も去ることながら、ホームゲームでの平均観客数かなぁ
http://www.nbl.or.jp/games/standings/

企業が動員かけてわんさか…ってほどでも無さそうなんですよね。
順位表の一番右に一試合平均の平均観客数が出てますが、平均のトップは栃木、千葉なんですよね。企業は1500-1300人辺り。
栃木はアウェイ戦でも応援ツアーで多くのブースターが来場して、アウェイ側のゴール下を満席にするほど熱い応援するからねぇ。
栃木のホームゲームがどんなもんなのか、一回見てみたいねぇ。
BlackBerry from NTTdocomo

|

« W-E-E-K-E-N-D sunday | トップページ | The yearender »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: にわかが見たバスケ( 前半):

« W-E-E-K-E-N-D sunday | トップページ | The yearender »