« The weekender | トップページ | 06)阪急うめだ本店de ぼっち飯 »

2012年12月17日 (月)

0798/sports)甲子園ボウル

0798/sports)甲子園ボウル
0798/sports)甲子園ボウル
0798/sports)甲子園ボウル
昨年に引き続き、大学アメリカンフットボール選手権の決勝『パナソニック杯毎日甲子園ボウル』を観戦してきました。

東日本代表は、法政大学トマホークス。
西日本代表は、関西学院大学(以下関学)ファイターズ。

今年は、フィールドが一塁側に15度傾きました。
三塁側からは遠くなるので見にくくなりましたが、一塁側のアルプス特別席の正面が50ヤードラインになるので全体が見やすくなりました。
その代わり、毎年固定だった一塁・三塁側のチームは毎年交代することになるそうです。

今回は大枚はたいて一塁アルプス特別指定席で見ていました…が、その指定席でも一番端っこ正面は35ヤードライン。隣は法政のOBの一団席でした。

試合は前半はスローペースの展開。
1Q2Qの前半が終わっても、関学のフィールドゴールの3点だけ。
法政は2回フィールドゴールを蹴ったのですが、ゴールならず。風で流されましたか。

後半からいきなり試合が動いた。
後半開始の法政のキックオフのボールをそのまま関学が96ヤードを独走してキックオフリターンタッチダウンで7点を追加。
後半開始からわずか14秒の出来事でした。

その後法政も2ゴール+1フィールドゴールで17点。関学も1ゴールを追加して、17対17で迎えた最終クォーター。

ここまでは法政が押し込み型が多いイメージ、関学はビッグプレイ狙いのようにも写りましたが…

後半残り4分半から同点に追い付いたところから、関学の攻撃がちょっと変わってきました。
ショートパスで短く繋いで前進しつつ、かつ時計を止めるようにサイドに出していく。
じりじりとした進撃を法政が押さえられない状態でゴール数ヤード前でタイムアウト。

気がつけば、時計は後2秒。あと1プレイしかできない。
フィールドゴールが入れば勝利、外せば良校優勝かつオーバータイム(延長)

関学の蹴ったボールがポールの間を通過して、フィールドゴール成功で20対17と逆転に成功、そしてそのまま試合終了。
関学が二年連続で優勝と相成りました。

見ていて、フィールド上の選手に作戦を伝えるボードが3〜4桁の英数字(関学はディフェンス時は絵文字を使用)を見ていて、『列車番号みたいだな』と思ったのは内緒w

最後はかなり劇的な幕切れでビックリしました。良い試合見させてもらいました〜

|

« The weekender | トップページ | 06)阪急うめだ本店de ぼっち飯 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 0798/sports)甲子園ボウル:

« The weekender | トップページ | 06)阪急うめだ本店de ぼっち飯 »