« 2011年5月15日 - 2011年5月21日 | トップページ | 2011年5月29日 - 2011年6月4日 »

2011年5月22日 - 2011年5月28日の6件の記事

2011年5月28日 (土)

雨に乗じて部屋掃除

雨に乗じて部屋掃除
まだ雨は強くないけれど、今日は一日家の中。
テーブルの上につねに出しっぱなしになっている物や、箱をなんとか処分…つか、移動。

テレビも真っ正面からちょっと斜めに動かしたら、心持ち部屋が広く見えた…って位置が固定されていたテーブルが動かせるようになったのが大きいかな。


さて、明日は雨足次第だけど、はやぶさの映画でも見に行こうかな…

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年5月27日 (金)

The weekender

The weekender
おうっ!やるぞやるぞ!
グダグダWebラジオ
『青砥千樹のにーさんすーごー』第125回。
今週も金曜日23:45から30分間くらいの無価値なトークを、Ustreamで垂れ流す生放送です。

話題が尽きたら24:00過ぎ次第即終わることが多いので気をつけろ(何を)
アドレスは、http://ustre.am/llcZです。

今週は、当然『キャラ★フェス4に行ってきました。』にお話しようかと思います。
商店街発アニメイベントとはなんぞや?!そして噂のあの電車の実態とは?!そんな感じで。


リアルタイムでなくても、心と時間と電力に余裕があるときにでも見聞きしていただければ幸です。
って訳で、今週は『キャラ★フェス4へ行ってきました』についてのココロだーっ!
(お囃子)

今後のコスプレピクニックは
5/29(日)うみなか
の予定です〜

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ロートル野郎

先日、キャラ★フェスに行っておいて、これを言うのもなんだかなぁとは思うけど、とりあえず言っておく。

ここからは【意見には個人差が有ります。】の提供でお送りします。


まあ、中途半端なヌルヲタ気取りで今日も無駄かつ非効率に酸素を消費して命を長らえてる訳ですが。

今更なんではありますが、『声優さんが歌うアニメソング』ってのにどうしても違和感が拭えないんですよね…別に明確な理由がある訳でもないんですが。

今月に入ってからNHK-FMで放送している、アニソン大事典聞いてても、90年代までが理解できる作品や曲の限界かなぁ…今回は00年代ってのはないけど、多分殆どわかんないし…

なんだろ、新しいモノが理解できなくなって来ているってのは、やっぱり老化が始まってるんかね。心の動脈硬化が進んでるんだろうか。

…ってすでに10年代に入ってるってのに、今更00年代についていけてない事を認めるんかw

やー、だから何って事もないし、何もしないけど。

ろくに知りもしないくせに、知ってる振りで相槌打ったり、口出したり、昔と比較したり…こうやって人は『老害』と呼ばれる存在になっていくんですね。

ここまでは【意見には個人差が有ります。】の提供でお送りしました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年5月25日 (水)

087/cos)キャラ★フェス4in 高松に行って来た!ヤァ!(略

087/cos)キャラ★フェス4in<br />
 高松に行って来た!ヤァ!(略
087/cos)キャラ★フェス4in<br />
 高松に行って来た!ヤァ!(略
087/cos)キャラ★フェス4in<br />
 高松に行って来た!ヤァ!(略
【注意事項】コスプレイベント中心のレポートですが、コスプレ写真はありません!(きっぱり

ってことで、先週末の土日に香川県の琴平町と高松市で行なわれた、
「商店街発アニメイベント キャラ★フェス4」へ行ってまいりました。
http://www.brsq.net/cf/
お次は、日曜日の高松会場でのお話。

会場が変わって、高松市。ことでん瓦町駅から西に連なる常磐街商店街と南北に接する田町商店街、南新町商店街が会場。

朝から、アーケードの屋根に激しく当たる雨で昨年と同様な心配をしましたが、昼前には綺麗さっぱり雨は上がりました。

半年前の前回と違うのは、ほぼ全てのイベント、ブース、痛車が常磐街に配置されたことです。
常磐街の通行面積は減るものの、全てをこの一本の通りで見ることが出来ます。

今日は受付・クローク担当でイベントがスタート。
昨日の琴平とは比べ物にならない程にコスプレイヤーさんが参加されました。半年前よりも多かったような。
とにかく受付がある程度終わると、今度は着替えが終わった方々が荷物を預けに来る。
受付番号を確認して荷物に貼って、置き場に並べる。これを延々と繰り返すわけです。
特に、担当が自分一人になった時に限って団体さんがやってくるw
人が来ない時間を見計らって、机を支えに膝から崩れているときもありましたし、動き回っていたので着ていた衣装がずれたりして、大変お見苦しい姿を見せてしまったときもあるかもしれません。
結局11時から15時近くまで、受付で立ちんぼう、離れられないような状態を作ってしまいました。

なので、いつものように殆どイベント会場内に出回れない状態でした。
それでも、「座って物が食べたい」と思い、ブリーザーズスクエアさんの向かいにある喫茶店「CaravanSaryCAFE(キャラバンサライカフェ)」で、餃子ドッグとこんにゃくケーキ(オレンジ)で遅めのランチタイム。
お店の方々にも当然いじられましたw
「商売をしている側としては、人の流れが多く、賑やかになるのはいいことだと思う。」っておっしゃってました。
しばし、にぎわう通りを店の奥から眺めながらの一服でした。

イベント自体の出展内容は殆ど、前日琴平と同じです。違うとすればFM高松のサテライトスタジオの公開録音/生放送や、ライブの順番くらい。

午前中から始まったジャンヌガーデンでのゲストライブも進むにつれ、通行人もライブを鑑賞する人も増えてきました。相変わらずステージ直前を陣取るのは、よく訓練された方々。周囲がちょっと引き気味に見えたのは気のせいですか。
今回のステージ設営は、前回と違って大きな垂れ幕が用意されなかったので、コスプレ受付の場所からでも、丸見えとは言いませんがステージが見えました。

16時半からの遠藤正明さんのスペシャルゲストライブが始まる頃には、ステージ前は既に一杯。ステージ横も商店街の通路にはみ出していました。
それをキャラ★フェススタッフと地元の商店会組合の方々がロープを張って整理していました。
特に、自転車に乗ったまま通過しようとする人たちには、一人一人声をかけて押しチャリしてもらうよう呼びかけておられました。そのおかげで、通行に支障が出ることはありませんでした。

遠藤正明さんのライブは常に最高の盛り上がり。最後の「勇者王誕生!(勇者王ガオガイガー主題歌)」は、全員で「ガ」を125回叫び上げていました。商店街中に響いたんじゃないでしょうか。

そして、今日の大トリは、地元の香川アニソンプロジェクトさんでした。既に暖まっている会場を更に熱くしていました。

会場内には、親子連れなどの姿も結構目立ちました。親子で商店街内のクイズラリーに参加されておられる姿もお見受けしました。

コスプレに目を転じると、昨日のエヴァ初号機やエドに加えて、ダンボールνガンダムや、映画盗撮防止キャンペーンのあのカメラも登場w 普通のイベント会場じゃほぼ見かけないであろうコスプレもありました。

自分は、途中からアメリア先生を諦め、昨日に続いてマリオを登板させる、鬼のローテーション。しかもヒゲをつけないとという、オーバーオールに帽子という、正に「The 着ただけ」。
それでも、マリオと認識されるのは帽子のせいなのか、オーバーオールのせいなのかw
とりあえず撮っていただいた後には、「ヒゲが無いんで、思うがままにヒゲを書き足しておいてください」とネタ振りも忘れずに行なっていきましたがw

ただ、今回は前述の通り全てが常磐街に集中してしまったためか、コスプレイヤーさんが落ち着く場所が無かったんですよね。中には、一団で喫茶店で落ち着いてる方々も居られましたがw
まあ、撮影スペースが少なかったというか。撮影できる場所と言えば、交番前・4町パティオ・アニメイト前と空き店舗のシャッター前くらい。南新町や田町の方まで行った方は少なかったのかもしれませんね。アーケードの幅は広いものの、営業している店舗も多いし、一般の方々の通行もあってなかなか行きづらい、居づらい環境だったのかも。
その常磐街の空き店舗の前も痛車の置き場所になっていたりするので、結果集合写真などは商店街から外れた路地いっぱいに溜まって道を塞いでしまったんですね。時折、通路をあけるようにお願いはしていきましたが。他にも、ちょっとこれはどうだろうかってのはありました。まだまだ運用等は改良の余地はあるかもしれません。

今回のイベントも無事に終了になりました。
スペシャルゲストだけにおんぶにだっこではなく、地元の商店会組合、地元のアイドル、地元の方々が中心になってイベントを回していってるってのがよく伝わってきました。

次回があるとして、今度は香川県内のどこで、どんな企画を行なうのか楽しみです。
それにあわせて、またお手伝いが出来たらなと思っております。・・・出来れば、自分も遊びまわりたいですがw
キャラ★フェススタッフの皆様、本当にありがとうございました。

打ち上げは前回同様に、黒田家でうどんだったのですが・・・「大盛り(2玉)」をナメとったorz
かしわ(鶏)うどんで久々に、汁を残すというギブアップ状態になってしまいました・・・

ってことで、また香川県に遊びに行ける日を楽しみにしております。・・・次回は再度丸亀希望(何
そいや、丸亀のあの子はこなかったな・・・ケツを蹴られないで済んだ(w

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年5月24日 (火)

087/Rail)ことちゃん!近い!近い!

087/Rail)ことちゃん!近い!近い!
087/Rail)ことちゃん!近い!近い!
087/Rail)ことちゃん!近い!近い!
5月21日(土曜日)にことでんを走った、キャラ★フェス専用貸切列車「キャラ★でん」に乗ってきましたが、その往路・復路ともに、ことでん100周年を記念したヘッドマークの掲出や、ラッピングされた車両が走っておりましたが・・・

その中でも、マスコットキャラであるのイルカの「ことちゃん」が、全面にラッピングされた車両とすれ違いました。

離れて撮ればきれいなのでしょうが、余りにも距離が近すぎて電車を覗かれているようにしか見えませんでしたw

(キャラ★でんの貸切電車の窓には、ことでんの擬人化が描かれている為、その絵柄も写り込んでいます。)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

0877/cos/Rail)キャラ★フェス4in 琴平に行って来た!ヤァ!ヤァ!ヤァ!

0877/cos/Rail)キャラ★フェス4in<br />
 琴平に行って来た!ヤァ!ヤァ!ヤァ!
0877/cos/Rail)キャラ★フェス4in<br />
 琴平に行って来た!ヤァ!ヤァ!ヤァ!
0877/cos/Rail)キャラ★フェス4in<br />
 琴平に行って来た!ヤァ!ヤァ!ヤァ!
【注意事項】コスプレイベント中心のレポートですが、コスプレ写真はありません!(きっぱり

お前の罪と歳を数えろ(謎

ってことで、先週末の土日に香川県の琴平町と高松市で行なわれた、
「商店街発アニメイベント キャラ★フェス4」へ行ってまいりました。
http://www.brsq.net/cf/
まずは、土曜日の琴平会場でのお話から。

【高松上陸】
神戸からジャンボフェリーに乗り込んで、一路高松へ・・・
って朝5時じゃ早すぎるじゃぁw
マイミクのヒロさんと合流して、常磐町のブリーザーズスクエアへ。

・・・ってイベントは琴平町じゃないのかって?
ええ、これから琴平町へ向かいます。
コスプレ衣装に着替えてから、電車に乗って。

初日は、イベント専用貸切電車「キャラ★でん」が走るのです。
朝は高松築港→琴電琴平、夕方は琴電琴平→高松築港へ。
貸切なので、車内でのコスプレも当然OK。
コスプレをする人は、常磐町のブリーザーズスクエアで着替えてから、瓦町駅から乗車。
我々は、その案内係もかねております。
・・・ですが、朝は流石に8時半までに瓦町集合と言ってもなかなか人も来ず。
結局、瓦町から乗車したのは自分達コスプレピクニックスタッフのみw
改札までの移動の視線がちょいと痛いけど、今こんなので痛がっていては今日明日の視線には耐えられませんぜw

午前9時過ぎに瓦町に専用電車が到着。元京浜急行所属の1000系。
団体や臨時の表示がないため、行き先も種別も白表示。正面に「貸切列車」の張り紙一枚。
ホームの案内表示も「回送」の一言。

電車に乗車・・・乗車した先頭車両は、殆ど人が居ませんでした。後ろの車両には数名の乗客。高松築港からの乗客です。
電車は瓦町を出ると、あとは終点までノンストップ。もちろん行き違いなどでの停車はあるけど。

走り出すと、女性の声でのアナウンス。ふと後ろを見ると、車掌室にはまどか☆マギカのまどかさんとマミさんが居るではありませんか!

そう!往路と復路の写真付きツイートであわせて200RT以上を叩き出し、イベント用ハッシュタグ#Charafesのログが流れて消える程、タイムラインをマミらせたあの車掌の姿が!もちろん、まどかさんもマミさんもキャラフェスのスタッフの方ですよ。
本物の車掌さんは通常通り乗務されてます。途中駅で一般客に、この電車には乗れない旨を伝えるのが主な仕事ですが・・・

さて、今回のキャラフェスで貸切列車を運転した理由は、今回のキャラフェスのテーマが「ことでん」がテーマになっているからです。
HPにも電車風の帽子を被った三人が描かれていますが、これはことでんの三路線(琴平線、長尾線、志度線)を地元出身の漫画家・藤川努さんが擬人化したものです。
当然貸切列車にも、この擬人化キャラが描かれていたり、穴吹デザインカレッジのマンガ・アニメ学科の方々が駅を擬人化した中吊りポスターが描かれていました。

電車が進むにつれて、途中で名所や旧跡の説明が車掌からなされました。途中ネタ的にぶっちゃけたり死ながらw

電車は約80分で琴電琴平に到着。ここからキャラフェス4の会場エリアに入ります。
琴平会場では、琴平町主催のことひらエンタメフェスタとの当時開催です。
移動できる範囲は、JR琴平駅・琴電琴平駅から新町商店街と、金毘羅宮の参道の一部、琴平公会堂までを囲む一体。町営西駐車場は特設ステージを組んで、地元エンタメ披露と、キャラフェスによるアニソンステージの二部構成で行なわれていました。

我々はコスプレ受付に陣を構えて、時折周囲を巡回する形をとっていたのですが・・・
まあエリアが広い。貸し自転車借りないと移動もままならないです・・・って結局使いませんでしたけどw
そして金毘羅宮は観光地なんだと思い知らされましたねw
駅から来る観光客は、まず殆ど新町商店街を通らず、駅前の通りをまっすぐ進み突き当たって左の土産物屋やホテルの多い通りを通って、金毘羅宮参道へ向かいます。
それなので、観光客のルートからはずれた新町商店街は、観光地の目の前にありながら、ごく普通の商店街です。地元の買い物向けなので結構開けている店は多いです。
そんな商店街の駐車場には痛車が並んでいましたw

琴平公会堂へ向かって移動すると、そこには金刀比羅宮の参道という難関が立ちはだかりますw人が多いこと多いこと。
その参道の途中に、金陵の郷があります。そこでは、藤川努先生の原画展、グッズ販売のマーケットプレイス、お絵かき掲示板などがあります。
マーケットプレイスには、今回ステージに立つ地元アーティストのグッズ、ねぎ入りせんべい「みくせん」、徳島のワーゲンクレープ屋さんなども来ていましたが・・・
琴平郵便局の方々が、慎ましやかにマリオなどのコスプレをしながらアニメや漫画図柄の組切手を販売しておられました。郵便局本気だなw

琴平公会堂は、金刀比羅宮参道の階段を22段目から左折。もしくは、参道を通らず裏道の急坂を登ると着きます。
木造の大きな建物ですが、文化庁の有形指定文化財に指定されております・・・ってここを普段から使ってるって贅沢だなぁw
中では、ミニ四駆ステーション、3DCGアニメ作成実践講座、そしてSssELFのクラブ風イベントが行なわれていましたが、ちょっとメイン会場から遠いこともあって、ミニ四駆の人が固定で居るくらいで、ちょっと訪れる人は少なかったかな。
・・・あとは、このすぐ隣の金毘羅歌舞伎の舞台で、別なコスプレイベントも行なわれていたそうです。(こちらは、エンタメフェスタ、キャラフェスとも無関係)

コスプレの話に戻ると、流石にちょっと街から離れるせいもあってか少々人数少な目かなとも思いましたが、後半に別なイベントからコスプレイヤーさんが流れてきました。

受付のところで見ていた感じでは、作品として固まって多かったのはやはり東方かな。
その後は、鋼の錬金術師とか。甲冑のエドもクオリティが高かった。しかもこの一団は外国の方々でした。
日本語も流暢に話せる方々ですが、仲間同士の会話は当然英語でした。聞き取れねぇw
そいや、スタッフ側にはまどか☆マギカのコスプレの方は多かったですが・・・青い子だけ居ませんでした(ぉぃ

他にも、インパクトのあるところといえば、エヴァンゲリオンの初号機が琴平の地に立ったことでしょうかwすごくクオリティ高かったですよ。

殆ど、受付付近に詰めていたので琴平のライブステージは見ていないのですが、その受付にいても聴衆の合わせる掛け声が聞こえてくる、香川アニソンプロジェクトと遠藤正明さんのライブはすごかったようですね。・・・ってまあ明日は真正面で見られるので、明日を楽しみにしましょうかw

ライブも終わり、イベントも後片付け。
今度は復路の貸切電車に乗車。往路は少なかったコスプレイヤーの乗客も、復路は20人ほどが乗車。
瓦町で着替えが出来るのがわかっているので、今回の形式だと復路の方が使いやすいのかも知れないですね。

復路も当然、まどか&マミ車掌の担当。
今度は人数も多いので、アナウンスがない区間になると撮影会の始まり始まり。
なにせ、電車の中にエドが乗ってるんだぜ?あの甲冑のままで。(車内で着たんですが)

電車は郊外から繁華街高松へ向かっています。当然電車が進めば進むほどに、駅や対向列車には乗客が増えてくる訳で。
すると、始まるのが車外の方々へのアピールタイムがw

駅に停車中に撮影をしていたら、その外のホームにはリア充・・・もといカップルが一組こちらを見ていました。
それに気がついた参加者がそちらへ向かってアピールを開始、向こうも劣らず写メとアピールで応戦してくるとかw

他の駅であったのは、反対側の電車は車庫始発でからっぽ。そこへ高松築港からの電車が入ってきて、車両交換で乗換えてきます。乗り換えてくる側からすれば、乗り換える電車の窓の向こうには我々が見えている、こっちもそれをじーっと見ているわけですが・・・殆どの人が、こちらに背を向けて座ったw
なんとなく気持ちは分かるw

そして、途中折り返し駅の一宮駅で、ことでんの本気を見させていただきました。
こちらは交換列車待ちで停車中。高松築港から来た一宮どまりの電車が入線。
ドアを開けて、乗客が降りると、すぐ折り返しの乗客が乗る。
それを確認してか、運転士と車掌が電車の外を猛ダッシュ。お互いの確認場所(電車の正面や行き先表示、ライトなど)を確認して、車内に入って仕度。
すると、ベルが鳴ってドアを閉め・・・来た高松築港方面へ折り返していく。
えええ、15分に一本とかの間隔で走っている路線なのに、そんなに折り返しに余裕を持ってないダイヤなの?っていう驚きしかないよ〜
その時間、間違いなく1分以下。東京のラッシュ時でもそんな短時間で折り返していくのは希なケースじゃないですかね。

そして、最後の交換駅に入線する時、マミ車掌はこう言いました。
「はい、次が最後の列車交換の駅です。外は日が暮れて暗くなり、相手側から電車の中が見えやすくなっております。・・・アピールの最後のチャンスですよw」
ちょw車掌がそれを言いますか!・・・当然みんなやってるけどw

そして、電車は瓦町駅へ・・・ってホームには、みくせんを売っていた初音ミクのコスプレの人がお出迎えじゃないですか!やられたw

その後は、ブリーザーズスクエアさんで、電車に乗ったもの同志でわいわい言いながら着替え。
こんな楽しみ方もあるんですなー

初日でこんだけ楽しかったのに、翌日はどうなるんだろうかw

| | コメント (0) | トラックバック (1)

« 2011年5月15日 - 2011年5月21日 | トップページ | 2011年5月29日 - 2011年6月4日 »