« コみケッとスペシャルin 水戸5 配置発表! | トップページ | 雨の日曜日 »

2010年1月31日 (日)

偽装外国人地方参政権?

住民投票、条例を義務付けへ
http://mainichi.jp/select/today/news/20100131k0000m010074000c.html

外国人地方参政権を付与する法案が出しにくくなっているので、ハトが必死こいてますね~

「国民」じゃなくて「住民」だから、住民登録してあれば投票権あるってこと?

と、おもってwikipediaの「住民投票条例」を引いてみたところ・・・

--引用開始
条例による住民投票では、公職選挙法の準用が規定されている地方自治法上の住民投票や、目的や手順が規定されている日本国憲法上の住民投票とは異なり、投票対象や投票資格者の範囲を自由に制定することが可能である。投票資格者について永住外国人に投票権を与えたり(秋田県岩城町が実施したのが最初)、未成年者の一部などに投票権を与える(長野県平谷村では15歳以上に投票権を与えている)もあったり、投票対象に対して複数の選択肢を設けて実施する自治体もある。
--引用終了

「条例」として制定すれば、投票資格者の範囲を自由に決められる。
これを抜け穴にするつもりなんかなぁ・・・

「住民投票の結果を反映しなかった場合もあるんだからイインジャネ?」
とか、言ってきそうな気もしますけど・・・


こんな小手先の変更で、国民が騙せると思っているんかしら・・・
それともやっぱ小沢おばちゃんが背後に居てくれなと何もできないの?

|

« コみケッとスペシャルin 水戸5 配置発表! | トップページ | 雨の日曜日 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/52711/47438912

この記事へのトラックバック一覧です: 偽装外国人地方参政権?:

« コみケッとスペシャルin 水戸5 配置発表! | トップページ | 雨の日曜日 »