« QMA5)全国大会やってみました。 | トップページ | 今から出動 »

2008年11月21日 (金)

これは同情できない。

比人学生 在留許可求め嘆願書
http://mainichi.jp/select/wadai/archive/news/2008/11/21/20081121ddm041040040000c.html

両親揃って不法入国。それを発見されて強制退去命令。
不服を訴えて裁判するも、1、2審で負け、最高裁は却下で、強制退去命令確定。
で、今月27日の期限ギリギリになってのこの会見と・・・
中学の娘さんには罪と思うけど、両親が不法入国・不法滞在の犯罪者。この件は例外認めたらダメでしょう。
不法入国者を認めたら、何のための法治国家やらわかりゃしない。
ここは、フィリピンへ帰国して、改めて正式な手続きで留学して欲しい。
当然両親は入国不可能だけど。

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
と、表向きは綺麗な言葉を並べておきますw
正直、子供の涙使ってお情けもらおうとか、盗人猛々しいにも程がある。
偽造パスポートで入国しておいて、居直りかよ。
こんな三文芝居でだまされる奴なんか居るのか?
大体、「日本語しか話せない」とか「育った日本が好き」とか言ってもそれで在留資格がもらえるなら、とっくに大勢が貰ってるわ。
裁判に負けてもまだ居座ってるってのは、弁護士が相当入れ知恵したんだろうな。
まあ、最高裁が裁判を受理していたらまだ裁判は終わっていなかったわけで。
娘が高校に入学してしまえば、娘の在留資格は出ちゃうんだよね。
そう考えれば、このときの最高裁判所の却下判断は正しかったのかも。

まあ、このケースを許してしまえば、他の不法滞在者も、子供をダシにして「在留許可よこせ」ってごねるのは目に見えるでしょう。特に特アとか特アとか特アとか。
それを断ち切るためにも例外を認めてはいかんですよ。

まあこれもここまで時間かかるのもなんだね。
*偽造パスポート見抜けずにまんまと入国させた。
*在留申請も偽造だろ?
*小学校、中学校入学の時に在留資格や登録証の確認してないのか?
とか日本側の入国管理や外国人に対する行政が穴だらけなのも良く分かったし。


それ以上に、今日になってこういう行動を起こして、マスコミ報道させてる支援団体がいやらしいよね。
この件で「日本政府は非人道的ですね~ ちゃんと法整備してこういう不幸なケースはなくさないとダメですよね~」ってことを世間にアピールして同情を買って、
来週審議されて採決される予定の「国籍法改正」に対してなんとか世論の理解を得ようとしているのか、目を逸らさせようとしているのか。

まあ、最悪なケースは、27日までにこの家族が失踪して大騒ぎしている間に、国籍法改正が参議院で可決して( ゚∀゚)ウマー

さて、これで( ゚∀゚)ウマーな思いをするのは一体何処の団体さんなんですかね~

|

« QMA5)全国大会やってみました。 | トップページ | 今から出動 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/52711/43184964

この記事へのトラックバック一覧です: これは同情できない。:

« QMA5)全国大会やってみました。 | トップページ | 今から出動 »