« 0242)手荒い歓迎… | トップページ | AOKY2008 »

2007年12月31日 (月)

0242)白い悪魔の現実

0242)白い悪魔の現実
0242)白い悪魔の現実
0242)白い悪魔の現実
この雪は昼からの6時間だけでつもったものです。
町内を除雪車がチェーンをならしながら路上の雪をかいていくと、
その音を合図に各家から一斉にスコップ部隊が出動。
塞がった玄関先の雪を路上に出して、塀際に積み上げていく作業。
家族のいる家庭は良いけど、老人だけの世帯とかはつらいね。

これが雪国の現状っすよね。コレが冬のデフォルトとも言いますが。
こんな状態で、外出しようとか言う気にはなれないっすね。

この大雪の除雪の不手際で、JR磐越西線の広田駅が全焼する火事があり、会津若松から猪苗代駅間で運転見合わせ中です。

大雪警報がでている年の暮れ。三が日も雪の予報であり、どれほど積んでしょうかねぇ。

無事に、3日に西明石に帰れることを新年一発目の祈り事にしますかねぇ。

|

« 0242)手荒い歓迎… | トップページ | AOKY2008 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/52711/17535364

この記事へのトラックバック一覧です: 0242)白い悪魔の現実:

« 0242)手荒い歓迎… | トップページ | AOKY2008 »