« 2005年10月2日 - 2005年10月8日 | トップページ | 2005年10月16日 - 2005年10月22日 »

2005年10月9日 - 2005年10月15日の6件の記事

2005年10月15日 (土)

発芽しないトリビアの種

『当たり付き清涼飲料水自動販売機で当たりが出る確率は…(くぁすぇdrfgtyふじこlp;@:)%』

これ、どれくらいだと思います?

3ヶ月通った顧客先にポイントカード対応のダイドードリンコの自販機があったので、人体実験しました(笑)

自動販売機の仕様
一本買う毎に一ポイント。
当たり抽選のデジタルは4桁だが上3桁は必ず揃う(笑)
4桁目も上3桁の値のプラマイ1の範囲で止まる。


さてこの自販機で3ヶ月間で100ポイント貯まるまでドリンクを買い続けて本日100ポイントになりました!

さて、その間の当たり回数は…

20ポイント目で一回目ヒット!




かぁちゃん、もう飲めないよ…



この風呂の水、スポーツドリンク?
ねぇ、スポドリだよね?

以上

ということで、
『当たり付き清涼飲料水自動販売機で当たりが出る確率は…1%以下』

なかなか当たらないとは思ってましたが数字にすると、当たんないもんですね。

dvc00003.JPG

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ついに撤去!!!

「愛の南京錠、撤去始まる 溶かしてプレートに再生」
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20051014-00000042-kyodo-soci

5月頃の日記でレポートしました、
神戸市中央区のヴィーナスブリッジにぶら下がっていた、おびただしい量の南京錠が撤去されて、溶かされメモリアルプレートとして再生することになったそうです。

ざまーみろ!バカップルども(爆)
別のカップルの相方と一生くっついてろ!

ああ、いかん。いつものやさぐれ病が・・・

でもなー、バカップルどもが残したいわゆる放置ゴミみたいなもの撤去するのに、モニュメントもつくったし、撤去も・・・全部税金でしょ?

バカバカしいよなぁ。
タダでさえ神戸空港でカネかかるし、ポーアイ2期の土地は売れないし、
「株式会社」神戸市としては赤字商売続くねぇ・・・
せめてセントレア並に空港に目玉があればいいけど、今のところ何の変哲もないただの地方空港のようだし・・・
まあ、ポーアイ2期が対岸のりんくうタウンと同じ状態になるのも時間の問題でしょうね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年10月13日 (木)

まだ潰れてなかったんかいっ!!

うざいよ、三郷企画。いいかげんにこの世から消えてください。
相変わらずフィルタすり抜けるし・・・

【ヘッダ】
差出人:misato
題名:「未承諾広告※」直アド公開だから確実な出会い♪
送信日時:Wed 10/12/2005 15:20:59 JST
Return-Path: misato@fubako.com
Received: by mbox62.nifty.com id 434cabab62d54c;
Wed, 12 Oct 2005 15:22:35 +0900
Received: from mxg511.nifty.com by flt508.nifty.com with SMTP id 434cab5a33a34e;
Wed, 12 Oct 2005 15:21:14 +0900
Received: from fubako.com (adsl-131.105.116.info.com.ph [203.131.105.116] (may be forged))by mxg511.nifty.com with ESMTP id j9C6KsSL026810;
Wed, 12 Oct 2005 15:20:58 +0900
Date: Wed, 12 Oct 2005 06:20:59 +0000
From: misato
To:
Subject: 「未承諾広告※」直アド公開だから確実な出会い♪
Message-Id: <434CAB4B.188@localhost.localdomain>
MIME-Version: 1.0
Content-Type: text/plain; charset=iso-2022-jp
Content-Transfer-Encoding: 7bit

【本文】
安心確実な出会いを提供します(^^)
やらせ行為は一切排除しております。
登録無料です♪♪
ttp://www.hot-mil9.com/?Z14
<送信者>三郷企画
<配信停止>ad_stop@fubako.com

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2005年10月11日 (火)

アキバ・ビエンナーレ

今日も今日とて秋葉原に昼出勤。

昼飯をひよこ屋で・・・と思ったら、今日は月曜。定休だったorz
祝日でも関係ないのね。

とりあえず片っ端から店を物色。

とりあえず、アイランドでパチスロ「リオデカーニバル」を打つ。
最初1000円でいきなりBIGを引くも、結局10000円使うが飲まれて終了。

東京レジャーランド秋葉原店で「クイズマジックアカデミー3」のロケテストと「ザ・アイドルマスター」をプレイ。
アイドルマスターは、あと3週で40500人集めないと、活動停止・・・な状態だったのですが、
第一戦目、Cランクまで入っていたオーディションでこりゃダメだとおもったら、
ダンス審査員が途中で帰ったためダルマ落とし式に合格。25000人ゲット。
そのまま二戦、三戦と続けたのですが、4位、5位。
結局、引退決定。次回さよならコンサート。どこで開催しようかw

その後、ヤマギワの解体現場の壁にイベントのお知らせがあったので行ってみた。
末広町駅の北、上野広小路駅とちょうど中間くらいのところに、「錬成通り」というとおりがあり、そこに今年春廃校になった「区立錬成中学校」がある。

その旧中学校の校舎をそのまま利用して「D-秋葉原テンポラリー」というギャラリーと使用されていた。ちなみにこのギャラリーは秋葉原駅前の「UDXビル」が出来たらそこへ移転するそうです。

今日公開されていた展示は3つ。そのうち2つを見てきました。
・見てないもの:「ジャン・ブルーヴェ展/機械じかけのモダンデザイン」
・見てきたもの:「スモール&ビューティフル:スイス・デザインの現在」、
「9坪ハウス展 こどもと暮らす9坪ハウス」(無料)

スイスデザイン展は、スイス発祥の工業製品、日常品、衣類に至るまでのデザインについての展示でした。
デザインと機能性の両面を追及しているのと、移民受け入れによるヨーロッパ各地の影響を受けたデザインの品が日用品に至るまで取り入れられていることがわかりました。まあ、見たかったのはスウォッチとモンデインだけだったのですが、両方ともちゃんと展示されていました。

もう一つの9坪ハウス展は、毎年の新作発表と、今年行われた「こどもと暮らす9坪ハウス」のコンペの入賞作の発表・展示が行われていました。

そもそも9坪ハウスとは、日本の建築家、増沢洵氏が1952年に建てた自宅「最小限住居」が発端となり、生活に必要な空間がコンパクトにまとまった秀逸なデザインの住宅として現在気鋭のデザイナーに引き継がれリメイクされているそうです。

9坪ハウスにはデザイン時の5原則というものがあり、
(1)3間×3間の正方形
(2)3坪の吹き抜けをもうける
(3)14.8尺の切妻屋根を持つ
(4)丸柱を使用する
(5)メインのサファードに開放部を設ける
と原則に基づいてデザインしているそうです。

コンペには1370点もの応募があり、プロデザイナー部門と一般部門の入賞作のデザイン図画張り出されていましたが、
二階から上を住居として、一階はブランコや玄関から滑れる滑り台を設けた、
「こうえんのある家」などユニークなデザインがありました。

今年の新作として、「こどもは動き回るから、行き止まりの無い家」が実際に模型で展示されていました。建築費・材料費で1450万だそうですよw

9坪っていうと15m四方程度なのですが、それでもちゃんと快適に住める工夫があればちゃんと家になるんですね。
気になるのは収納がちゃんとできるかどうかですがw

その後また電気街に戻って、汎用外部バッテリー3200mAh(外部プラグでDSやPSP、携帯電話、ミニUSBへも充電可能)を買ったり、
「電車男」のコミック版を買ったり・・・ってコミック3種類も出てるのね・・・ってことで、一番絵柄がコミカルな「渡辺版」を買ってみました。
でも、ドラマも映画も見てないけど、なんか文字の方がしっくりくるんだよな。
まー、あとからこれ読んで凹むんだろうな〜自分自身と比較してさorz

雨の秋葉原の外れで面白いものが見れたな〜と思った雨の日でした。

−−ご参考までに−−
「9坪ハウス公式サイト」http://www.9tubohouse.com/model2005
「D-秋葉原テンポラリ公式サイト」http://www.d-akihabara.jp

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年10月 9日 (日)

東京環状いらっしゃいませ(謎)vol.7

えー、速報だけにしときますが。
今日は、東京の都道318号線、通称「環七通り」をバスと徒歩のみで行ってまいりました。
ルールは環七通りを起点から終点までバスまたは徒歩で完走すること。
したがって、バスが環七通りを通らない場合は下車し、別バスに乗り換えるか歩いて進む。迂回して環七通りに戻るのはダメ。
(ただし、環七通りに隣接する駅等での乗換えで乗り場が変わってしまって通らない区間が出るのは認める。)

そのデータだけ記載しておきます。
詳細はそのうちHPのライブラリでw

1253発 葛西臨海公園駅 (都営)臨海28 一之江駅ゆき
1310着 一之江駅
1346発 (都営)新小20 東新小岩四丁目ゆき
1406着 上一色コミュニティセンター
----発 徒歩
1429着 奥戸運動場
1433発 (京成タ)新小57 亀有駅ゆき
1440着 亀有駅
----発 徒歩
1630着 島根三丁目
1634発 (都営)王49 王子駅前ゆき
1653着 北区神谷町
1706発 (都営)宿76 新宿駅西口ゆき
1746着 東高円寺駅前
1811発 (都営)宿91 駒沢陸橋ゆき
1844着 駒沢陸橋
1847発 (東急)森91 大森駅(操車場)ゆき
1906着 馬込銀座
----発 徒歩
2010着 環七大井埠頭交差点
(バス停だと、京急バスの「東京港野鳥公園」が終着地になります。)
全行程7時間ちょっとのうち、3時間近く歩いてるよorz
写真は環七大井埠頭交差点にある、環七起点の標識。

44122199_73

| | コメント (0) | トラックバック (0)

MXテレビさんもすごいのをTVに出したもんで・・・

再放送ですが、東京都内ローカルのTV局「東京MXテレビ」(UHF14ch)(http://www.mxtv.co.jp)で放送された、
「tokyoboy」(http://www.mxtv.co.jp/tokyoboy/index.html)を見ました。

今回は、カンニング竹山が「竹山竹太郎」という親父キャラに扮し、生活指導係役の山口もえと共に、深夜の渋谷の街でたむろする若者を健全な道へと導く・・・という設定の、
「東京キレ親父」という番組です。(プロデューサーはテリー伊藤)

22時30分の渋谷の街には、典型的なバカギャルどもがたむろってました。
竹太郎は、何組かのバカ者の一団に声をかけるが、ことごとくナメられて敗走。
テリーの仕込みかどうかは知りませんが、渋谷ではまだ路上パラパラなんか流行ってるの?

その後、植え込みのところでイチャつくカップルを発見。用意したちゃぶ台を囲んで、説得開始。
同棲生活してるけど、彼女はバイトしてるけど彼は親からの仕送り月40万があるから仕事しないで悠悠自適に暮らしてるとか。
それを男なら汗かいて仕事しろと説得しようとした竹太郎だったが、これも失敗。
おなじみの逆ギレをして、立って振返った時からが問題です。
ここまで、30分番組のうち17分50秒程経過してますが、

竹太郎「うわ、なんだこの妖怪は!!」
男「妖怪?!失礼な、妖怪ではありません。」
竹太郎「妖怪じゃねぇかよ!」
男「妖怪じゃありません、立派なアニメキャラクターです!」
竹太郎「立派なアニメキャラクターなんてねーよ!そんなの!」
そこにたっていたのは、エヴァンゲリオンの制服姿で水色のヅラをかぶった男が。
男「90年代の「新世紀エヴァンゲリオン」の綾波レイですよ。」
ここで、綾波レイについての説明が入って、その間にその男を交えてちゃぶ台トークが始まる。
アニメの映像と本人が並んで表示されてるが、写真のほうはアニメを横倍角に引き伸ばした感じ。

竹太郎「こいつはダメだなー!こいつは!!」
山口もえが「粗茶でございますが」といってお茶を出すが、
竹太郎「茶なんか出さなくていいよ!こんなの!」
と、もめてる間に男がかばんからもそもそと水色の人形を取り出す。
竹太郎「おぃ、おまえ何出してるんだ?」
男「お人形の亜美ちゃんです。宜しくお願いします。」
・・・セーラーマーキュリーの人形ですよ・・・orz
竹太郎「(人形を取り上げると)亜美ちゃんメチャクチャ汚れてんじゃねーかよ!!お前!」
(ナイスツッコミ(笑))
竹太郎「いつも持ちあるいてんのか?」
男「ばい、守り神、お守りみたいなものです。」
竹太郎「こんなん守り神じゃねーよ。(ぽいと人形を放り投げる)」
男「あ、オジさん失礼ですよ。それは・・・」
竹山「オジさんじゃねぇ!お前も十分オジさんだよ!!(ブチキレ)」
(おーし、言いたいこと言ってるぞw)
もえ「あのー、今おいくつですか?」
男「今、さ・・・25です。」
竹太郎「今、さとか言わなかったか?」
男「あ、あ、あの30です。」
竹太郎「なんでウソつくんだよ!」
男「ゴメンナサイ。」

竹太郎「で、お前名前は何ていうんだ」
男「コスネームで”ひむかたん”って言います。」
(”ひむかたん” キター!! 男30にもなって、自分を”たん”づけだよ イタタタ(笑))
ここで竹太郎お約束程度にキレる。
竹太郎「お前、住民票の名前はなんだよ?」
ひむかたん「それはちょっとお答えできません。」
竹太郎「何で言わないんだよ。お前、役所行けばお前の名前あんだろ?」
ひむかたん「ちょっとそれだけはお断りします。」
もえ「じゃあ、何とお呼びすれば宜しいですか。」
ひむかたん「とにかく”ひむかたん”でお願いします。」

ここからはコスネームとキャラ名がごっちゃになったトークになる。
竹太郎「(衣装を指差して)今、お前は”ひむかたん”になってるのか?」
ひむかたん「いえ、これは”綾波レイ”です。」
ここで、コスネームとキャラ名についてのNAが入る。作る側も大変だw
「コスプレ姿の総称→”ひむかたん”、「今日は何のコスプレですか?」→”綾波レイ”」とテロップ。あってるね。

ここからは腹を割ったトークが始まる。
山口もえからの仕事の質問にも答えていた。
これには竹太郎も苦笑いで、
竹太郎「この格好で仕事してるのか?」
ひむかたん「いえ、流石に作業着で。」
竹太郎「で、5時になったら”ひむかたん”になるわけだな。」
もえ「で、お洋服はどこで着替えてくるんですか?」
(どストレートな質問キター、もえGJ!!)
ひむかたん「それにはお答えできません」
竹太郎「なんで着替える場所答えられないんだよ!」
ひむかたん「それにはお答えできません」
この後のNAが秀逸。「着替える場所だけはどうしても教えられないという不思議なこだわりをもつ三十路のひむかたん。」って 一言多いけどGJ

ここからはひむかたんの出身や上京などについての話になる。
「実は九州男児のひむかたん」「アニメが大好きで上京したひむかたんはコスプレと出会い心が強くなれたのだ・・・」と

お茶を飲む姿を竹太郎に「男ならもっとぐいーっと飲め」とか、
もえに「足の毛まで全部剃ってますよ」とか言われたり。
(まあ女性キャラをやる男子コスプレイヤーなら当たり前の行為ですが。)
竹太郎ともえは、ひむかたんに「こんななよなよしてちゃダメだ!」「九州男児ならなおさらですよ!」と。

竹太郎も福岡出身の九州男児。ここはひむかたんを男らしくしたい・・・
竹太郎からもらったおにぎりをほおばるひむかたんの食べ方に
竹太郎「おにぎり似合うよなお前。片手でこう男らしく食ってみろ。男らしく!」と。
「いっきまーす」と何かのキャラまねをしながら食うひむかたん。
NA「少しづつ男らしくなっていく、三十路のコスプレイヤーひむかたん」毎回余計な一言がGJですってw

で、ここから本題。
竹太郎「その格好やめる気ねーのか?」
ひむかたん「まあ、間もなくしたらやめます」
竹太郎「何でやめんだ、その格好間もなくしたら?」
ひむかたん「まあ、僕も色々ありますんで、家族の都合とか色々とありますんで。」
竹太郎「そらあるわなぁ(笑)」
ひむかたん「だからもうこれも間もなく終わりです。」
竹太郎「今、彼女欲しいだろ?」
ひむかたん「いや、まだまだです。」
竹太郎「まだまだって30じゃねぇかよ!!」
竹太郎「まあこんな格好してたんじゃ彼女できねぇから、30にもなったんだし良い人見つけて結婚しろよ」
ひむかたん「はい、九州戻ったらそうします。」
竹太郎「東京で思い出一杯出来ただろう?」
ひむかたん「はい。」
竹太郎「九州戻るのか。戻ったら何したい?」
ひむかたん「そうですねー、身障者を助けたりとか色々と。」
竹太郎「福祉の仕事か〜 お前立派な奴じゃねぇかよ!」
そして、時間も来て帰るときに、
ひむかたん「それじゃ、本当にありがとうございました。オジさん」
竹太郎「オジさん、ってお前と対して変わらねえよ!! 仕事がんばれよー」
挨拶をして去っていくひむかたん。
竹太郎「ちなみにその格好どこで着替えるんだ?」
ひむかたん「・・・・それはちょっと、ごめんなさい。」
(スタッフ爆笑)
そして、ふりむいて
ひむかたん「にはははー」・・・スローモーションになってもう一回「にはははー」

ここからあとはエンディングなので割愛。
(ちなみにここまで書くのは画面にほとんどテロップ出てたので非常にラクw)

この番組の収録前か後かは定かではないが、竹太郎こと、カンニング竹山さん。
過労で一週間ほど入院されたそうで・・・相方が長期の療養のため一人での仕事が多いかとは思いますが、お大事に。

番組構成上は、悪いの悪いの来たら、後半は少しでもいい話もってきたいので、最期に福祉の話とかもってくりゃ
「見た目は妖怪だけど、中身はちゃんとしてんじゃん」って役割を持たせたので、
番組的には「ええ話やなぁ」で済まされそうだけどさ・・・・

「済まされるかボケェ」と思われる方も居られましょう。ごもっともw

まず、先にこの注意事項だけでもテロップ出しておいて欲しかった。
「よいこのコスプレイヤーのみんなへ。街中でいきなりコスプレすると、ひむかたんみたいに竹太郎オヤジに「妖怪」呼ばわりされたり、センター街でバカ者に絡まれても知らないゾ。コスプレはイベント会場か、適切な場所でネ」

ちなみに”ひむかたん”または”日向めろん”、”ひむかたん”の前のコスネーム”マッキー”などでググればblogとか出てくるので、どんなご意見お持ちなのかは、それで見て各自ご判断くださいませ。
ただ、blogの方では一切のコメント、トラックバックは受け付けていないようですので。
まあトラックバックは最近エロサイトのスパムトラックバック多いのでやむなしでしょうが。
その代わり他人の掲示板・blogには色々と主張やイッチャモンをつけてるようです。
あとは、某巨大掲示板こと「NHK教育大阪放送局」のコスプレ板なんかでも情報あるっぽいです。

しかし、外見面白いからって何でも使えばいいもんじゃねーぞ、テリー伊藤w
あとこの番組のスポンサーである東京都はこれをどう見てるんだろうか。
いや、この番組、石原都知事も出演してる回もあるから見てると思うんだけどな〜
この渋谷の退廃ぶりもあるだろうけど、アレについて。
今度は是非、竹太郎の変わりに知事が渋谷のバカ者にカツ入れてやってください。
そういう企画希望w

| | コメント (4) | トラックバック (2)

« 2005年10月2日 - 2005年10月8日 | トップページ | 2005年10月16日 - 2005年10月22日 »