« [310]朝の早い水戸 | トップページ | 大洗の夜は更けて »

2005年12月 7日 (水)

7円の詩(ななえんのうた)

タイトルはTBSラジオ含む全国各局で放送されている、
「永六輔の誰かとどこかで」の金曜日のコーナー名から。
葉書につれづれなるままに詩を書いてきて、それを読む。
番組開始当時の葉書の値段が7円だったことから現在にまで至る。

引越しして初めての新居当ての葉書が着きました。
何ヶ月かに一度顔を合わせる知人からでした。
いつもこまめに葉書やメールを頂いているのに筆不精でなかなか返信出来ないで
います。

今回は、某茄子が出たとのことで山形銀山温泉のスタンプが押されていました。
わざわざ出先からお手紙頂くことのありがたさと、
こちらの節々に合わせて手紙を書くその細やかさは見習いたいところです。

今度会うのは年の瀬の東京臨海部かなw
また飲みながらバカッ話でもしましょうや〜

|

« [310]朝の早い水戸 | トップページ | 大洗の夜は更けて »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/52711/7517894

この記事へのトラックバック一覧です: 7円の詩(ななえんのうた):

« [310]朝の早い水戸 | トップページ | 大洗の夜は更けて »