« 東京環状いらっしゃいませ(謎)vol.7 | トップページ | まだ潰れてなかったんかいっ!! »

2005年10月11日 (火)

アキバ・ビエンナーレ

今日も今日とて秋葉原に昼出勤。

昼飯をひよこ屋で・・・と思ったら、今日は月曜。定休だったorz
祝日でも関係ないのね。

とりあえず片っ端から店を物色。

とりあえず、アイランドでパチスロ「リオデカーニバル」を打つ。
最初1000円でいきなりBIGを引くも、結局10000円使うが飲まれて終了。

東京レジャーランド秋葉原店で「クイズマジックアカデミー3」のロケテストと「ザ・アイドルマスター」をプレイ。
アイドルマスターは、あと3週で40500人集めないと、活動停止・・・な状態だったのですが、
第一戦目、Cランクまで入っていたオーディションでこりゃダメだとおもったら、
ダンス審査員が途中で帰ったためダルマ落とし式に合格。25000人ゲット。
そのまま二戦、三戦と続けたのですが、4位、5位。
結局、引退決定。次回さよならコンサート。どこで開催しようかw

その後、ヤマギワの解体現場の壁にイベントのお知らせがあったので行ってみた。
末広町駅の北、上野広小路駅とちょうど中間くらいのところに、「錬成通り」というとおりがあり、そこに今年春廃校になった「区立錬成中学校」がある。

その旧中学校の校舎をそのまま利用して「D-秋葉原テンポラリー」というギャラリーと使用されていた。ちなみにこのギャラリーは秋葉原駅前の「UDXビル」が出来たらそこへ移転するそうです。

今日公開されていた展示は3つ。そのうち2つを見てきました。
・見てないもの:「ジャン・ブルーヴェ展/機械じかけのモダンデザイン」
・見てきたもの:「スモール&ビューティフル:スイス・デザインの現在」、
「9坪ハウス展 こどもと暮らす9坪ハウス」(無料)

スイスデザイン展は、スイス発祥の工業製品、日常品、衣類に至るまでのデザインについての展示でした。
デザインと機能性の両面を追及しているのと、移民受け入れによるヨーロッパ各地の影響を受けたデザインの品が日用品に至るまで取り入れられていることがわかりました。まあ、見たかったのはスウォッチとモンデインだけだったのですが、両方ともちゃんと展示されていました。

もう一つの9坪ハウス展は、毎年の新作発表と、今年行われた「こどもと暮らす9坪ハウス」のコンペの入賞作の発表・展示が行われていました。

そもそも9坪ハウスとは、日本の建築家、増沢洵氏が1952年に建てた自宅「最小限住居」が発端となり、生活に必要な空間がコンパクトにまとまった秀逸なデザインの住宅として現在気鋭のデザイナーに引き継がれリメイクされているそうです。

9坪ハウスにはデザイン時の5原則というものがあり、
(1)3間×3間の正方形
(2)3坪の吹き抜けをもうける
(3)14.8尺の切妻屋根を持つ
(4)丸柱を使用する
(5)メインのサファードに開放部を設ける
と原則に基づいてデザインしているそうです。

コンペには1370点もの応募があり、プロデザイナー部門と一般部門の入賞作のデザイン図画張り出されていましたが、
二階から上を住居として、一階はブランコや玄関から滑れる滑り台を設けた、
「こうえんのある家」などユニークなデザインがありました。

今年の新作として、「こどもは動き回るから、行き止まりの無い家」が実際に模型で展示されていました。建築費・材料費で1450万だそうですよw

9坪っていうと15m四方程度なのですが、それでもちゃんと快適に住める工夫があればちゃんと家になるんですね。
気になるのは収納がちゃんとできるかどうかですがw

その後また電気街に戻って、汎用外部バッテリー3200mAh(外部プラグでDSやPSP、携帯電話、ミニUSBへも充電可能)を買ったり、
「電車男」のコミック版を買ったり・・・ってコミック3種類も出てるのね・・・ってことで、一番絵柄がコミカルな「渡辺版」を買ってみました。
でも、ドラマも映画も見てないけど、なんか文字の方がしっくりくるんだよな。
まー、あとからこれ読んで凹むんだろうな〜自分自身と比較してさorz

雨の秋葉原の外れで面白いものが見れたな〜と思った雨の日でした。

−−ご参考までに−−
「9坪ハウス公式サイト」http://www.9tubohouse.com/model2005
「D-秋葉原テンポラリ公式サイト」http://www.d-akihabara.jp

|

« 東京環状いらっしゃいませ(謎)vol.7 | トップページ | まだ潰れてなかったんかいっ!! »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/52711/6345783

この記事へのトラックバック一覧です: アキバ・ビエンナーレ:

« 東京環状いらっしゃいませ(謎)vol.7 | トップページ | まだ潰れてなかったんかいっ!! »