« 加古川駅高架下 | トップページ | 久米宏テレビ復帰 »

2005年2月26日 (土)

土曜の白昼にメイド喫茶話

土曜の昼間のラジオで「ごめんやす 馬場章夫のボラボラわーるど」MBSラジオ1179khz)の13時台のコーナー「流行通信」で、
日本橋のメイド喫茶「CCOちゃ」が取り上げられてました。
パーソナリティの馬場さんが実際お店にいった感想を10分くらいで放送されていましたが・・・
「東のアキバ、西のポンバシ」の新しいサブカルチャーとして取り上げられてました。

土曜の白昼のこの時間帯にラジオ聞いてるって・・この手の店に行く人間はまず番組ターゲットに入ってないよな(笑)

まずは「メイド」の言葉の意味から説明をしていました。そりゃ一般の人は一生のうち何回「メイド」って言葉に触れるよ?ってもんだし。

おなじみ「お帰りなさいませ旦那様」って挨拶からで〜 ではじまって、店内ノートにカキコすれば店員のメイドさんが返事書いてくれるとか、バレンタインの時にはチョコ配ってて、それ目当てに来るお客が男性9割とか(笑)

コーナー最後に馬場さんが〆に使った言葉は「ゲームばっかでなく、たまにはこういうとこ来て女の子と直に話するのもどやろか〜」って感じのニュアンスでした。

個人的には日本橋行ったら、とりあえず物食わないし、食っても露天のフランクフルト(\200)だし、だいたい一人で喫茶店行く理由ないし、「お帰りなさいませ」ってウザいし・・・
癒される以前の問題・・・orz

|

« 加古川駅高架下 | トップページ | 久米宏テレビ復帰 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/52711/3083356

この記事へのトラックバック一覧です: 土曜の白昼にメイド喫茶話:

« 加古川駅高架下 | トップページ | 久米宏テレビ復帰 »